61歳パソコン教師の日記 NO.2 (1999.12.24)


創刊号を配信してひとまず安心しました。でも、のんびりしているわけにはいきません。日刊ですから NO.2 を書かなければなりません。始めたからには休まずに頑張らなくちゃと思っていますが、いつまで続くことやら。なにしろ熱中しやすく飽きやすいことでは人後に落ちない私ですから。

パソコン教師というと若い人という先入観をもっている人が多いようです。私の講習会でも受講生の方たちは「こんな爺さんで大丈夫かなぁ」と不安を感じるようです。若い受講生から見れば祖父のようなものですから無理もありません。しかし、メリットもあります。中高年の受講生の場合は「こんな年寄りでもパソコンを教えられるのだから自分も大丈夫だろう」と自信を持たれるのです。そうです、パソコンの勉強に年齢は関係ありません。やる気があるかないかです。

パソコンを始めても、途中で挫折してしまう人がいます。最初から Word や Excel を使いこなそうとしても無理なはなしです。先ずパソコンの扱いに慣れることです。それには興味のあることから始めることです。インターネットでホームページを見たり、メールを送信したり、ゲームをやったりしていると自然にからだが憶えてくれるものです。

今日はエクスプローラについて書きましょう。エクスプローラはフォルダやファイルの移動・コピー・切り取り・削除など行ったり、ここからプログラムを起動することもできます。

エクスプローラを起動するには「スタート」→「プログラム」→「エクスプローラ」をクリックですが、「スタート」ボタンを右クリック→表示されたメニューの「エクスプローラ」をクリックした方が簡単です。もっと簡単なのはデスクトップにショートカットを置いておくことです。

エクスプローラのショートカットを作るにはエクスプローラで Windowsフォルダ(C:\Windows)を開き、右欄の Explorer.exe を右ボタンでデスクトップにドラッグ&ドロップします。(ファイルは数字・アルファベット・日本語の順に表示されています)表示されたメニューの「ショートカットをここに作成」をクリックします。これでOKです。

ショートカットの名前は「Explorer.exeへのショートカット」と長い名前になっていて恰好が悪いです。これを右クリックして、メニューの「名前の変更」をクリックします。名前が反転しますから、これをクリックするとカーソルが点滅します。「Back space」や「Delete」キーで不要な文字を削除します。「Enter」キーを押すと名前が確定します。他のショートカットも同様にして作ることができます。

あなたのエクスプローラの表示は「大きなアイコン」になっていませんか? これではファイルのサイズ・種類・更新日時・属性などが判りませんね。メニューバーの「表示」をクリックして表示されるメニューの「詳細」をクリックします。右欄に表示されているファイルの詳細が表示されましたね。でも、拡張子や属性が表示されません。Windows の初期設定では拡張子や属性を表示しないようになっているのです。また、隠しファイルを表示しないように設定されているのです。パソコンを買ったら、先ずこの設定を変えた方が良いでしょう。講習会ではいつも最初にこの説明をしています。

もう一度「表示」をクリックして、今度はメニューの一番下の「フォルダオプション」をクリックしてください。次に「表示」タブをクリックします。

「詳細表示でファイルの属性を表示する」のチェックボックスをクリックしてチェックを付けます。

逆に「登録されているファイルの拡張子は表示しない」はチェックボックスのチェックをはずします。

次は「表示されないファイル」欄の「すべてのファイルを表示する」のラジオボタンをクリックしてに点を付けます。

最後に「適用」→「OK]とボタンをクリックして完了です。

私は "Explzh" という圧縮・解凍のオンラインソフトを愛用しています。このソフトを使うにはUnlha32.dll"や "Unzip32.dll" というファイルが必要です。C:\Windows\System フォルダに入れておくのです。受講生のひとりが使ってみたいと言うので、それらのファイルをFDに入れて渡しました。翌日、彼が言うにはFDに "Unlha32.dll" と "Unzip32.dll" のファイルが入っていなかったと言うのです。拡張子".dll" が付くファイルは隠しファイルなのです。彼は講習会の初めに私が言ったことを実行していなかったのです。

読者の田吾作(ハンドル)さんから寄せられたメールの一部です。

ハングアップの件ですが 小生も良くやり 3、の方法で回避しています。小生のは、全く動かなくなりCAD使用の時は泣きます。また、先日は元の電源を落とし回避しましたらINSの電源も落とし通話の累積データーが消え、先月は幾ら位い使用したか解らなくなりました。