61歳パソコン教師の日記 NO.003 (1999.12.25)


今日はクリスマスですね。イブは如何でしたか? 私は相変わらず家で酒を飲みながらパソコンをやっていました。今夜は友人のパーティに誘われています。友人は私より一回り年下ですがとても気が合います。集まるのは彼の子供の頃の同級生たちです。半数は女性ですが、男性と比べてなんと若々しいことか。皆すごく楽しい人たちなので楽しみにしています。

子供の頃からの友達というのは良いものですね。子供の頃の純真無垢な心は自分をさらけ出し、相手を素直に受け入れます。相手に対するその気持ちを持ち続けているから、大人になっても子供の頃のような付き合いが出来るのでしょうね。

前回に引き続きエクスプローラについてです。拡張子も属性も表示されましたね。でも、拡張子は解るけど属性って何だろうと思っていませんか?

以前、こんな質問がありました。ハードディスクのフォーマットをする前に、作成したデータをCD−Rにバックアップしました。フォーマットが終わって Windows をインストール、CD−Rからデータをハードディスクにコピーしたのですが、そのデータを書き換えて上書き保存をしようとしたけれど、それが出来ないというのです。

普通に作成したデータは属性が "A" になっています。これをCD−Rにバックアップした時点で属性が "R" に変わってしまっていたのです。これは属性を表示させていないと判りませんね。

属性を "A" に戻すには、そのファイルを右クリックします。表示されたメニューの「プロパティ」をクリックします。「読み取り専用」のチェックボックスをクリックしてチェックをはずします。次に「アーカイブ」のチェックボックスをクリックしてチェックを付けます。最後に「適用」→「OK」とボタンをクリックします。これで上書きが可能になります。

次は複数のファイルを選択する方法です。ファイルをコピーや移動したり削除をするには、先ず、そのファイルを選択します。ひとつのファイルを選択する場合は、そのファイルをクリックすれば良いのですが、複数のファイルをコピー・移動・削除をする場合、一つずつやっていたのでは手間がかかります。

複数のファイルを選択すれば一度の作業で済みます。この場合は [Ctrl] キーを押したまま次々とクリックして選択します。でも、大量のファイルを選択する場合は一つずつクリックするのも大変です。選択するファイルの一番上にあるファイルをクリックして反転させます。次に Shiftキーを押しながら一番下のファイルをクリックすると間にある全てのファイルを選択できます。

でも、間にいくつか選択したくないファイルがある場合もありますね。一応、上記の方法で選択しておき、[Ctrl] キーを押しながら選択したくないファイルをクリックします。これで選択が解除されます。