61歳パソコン教師の日記 NO.014 (2000.1.9)


このメールマガジンをご購読されている多数の方々が私のホームページへご訪問くださり、おかげでアクセス数もうなぎ登り、心よりお礼申し上げます。

その中のかなりの方が「ホームページ講座」をご覧になり、早速、ホームページ作りにチャレンジされているようです。というのも、私の元へホームページに関するご質問のメールが沢山届いているのです。

この講座では、ソフトに頼らずに Windows に付属のメモ帳にタグを入力して作ります。パソコンに慣れるには好きなことをやるのが一番です。簡単なページなら何種類かのタグを入力するだけで作ることが出来るのですから、パソコン初心者の方でも充分楽しめると思います。

ということで、今日は「ホームページ講座」がメールマガジンに出張してきました。「ホームページ作りなんてまだまだ・・・」なんて言わずに、ちょっとお付き合いください。面白いですよ!

では始めましょう。下記の から までをドラッグして反転させ、[編集] →[コピー]とクリックしてください。

<HTML>
<HEAD>
<TITLE>わたしのホームページ</TITLE>
</HEAD>
<BODY BGCOLOR="ivory">
<BGSOUND SRC="xxxxx.mid" LOOP="INFINITE">
<CENTER>
<FONT SIZE="6" COLOR="red">
わたしのホームページ
</FONT>
</CENTER>
<P>
<FONT SIZE="3" COLOR="brown">
このぺーの背景色はベージュです。この文字のサイズは3、色はブラウンです。
<BR>
文字のサイズは最小の1から最大の7まで指定できます。タイトルの文字は6です。
</FONT>
<P>
<MARQUEE>
<FONT COLOR="blue">
これはマーキーです。電光掲示板のように文字がスクロールします。方向を指定しなければ右から左へスクロールします。
</FONT>
</MARQUEE>
<BR><BR><BR>
<CENTER>
<IMG SRC="yyyyy.jpeg">
</CENTER>
</BODY>
</HTML>

では、ホームページを作る道具を用意しましょう。 [スタート] →[プログラム] →[アクセサリ] →[メモ帳]とクリックします。 [メモ帳] が起動しましたね。道具といってもこれだけです。

[メモ帳] で [編集] →[貼り付け] とクリックします。コピーした上記のタグが表示されましたね。

次はこの [メモ帳] を保存します。[ファイル] →[名前を付けて保存] とクリックします。[名前を付けて保存] ダイアログが表示されましたね。

それでは、[保存する場所] を指定します。お好きなフォルダで結構です。次は1番下の [ファイルの種類] です。▼ボタンをクリックして、プルダウンメニューの [すべてのファイル] をクリックします。最後は [ファイル名] にお好きな名前を入力して、その後に [.html] と入力します。zzzzz.html のようにですよ。"zzzzz" の個所はあなたが入力した名前ですよ。では、[保存] ボタンをクリックしましょう。

エクスプローラを開き [保存する場所] で指定したフォルダの中にあるファイル(あなたが入力したファイル名+.html)がありますね。青い [e] のインターネットアイコンが付いているでしょう。それをダブルクリックして開きます。ブラウザ(Internet Explorerなど) が起動してページが表示される筈です。成功ですか?

[表示] →[ソース] とクリックしてください。先程の [メモ帳] が表示されましたね。これを [ソース (source=源泉、出所)] といい、ページの本体なのです。ホームページがどのような仕組みで作られているか、少しお解りになってきたことと思います。

では、ソースの中の日本語で書かれている部分を、お好きな文章に書き換えてください。 タグの中の "ivory" "red" "brown" "blue" などの色名も書き換えて構いませんよ。色名は英語のカラーネームで書きます。SIZE="6"などの数字も書き換えてみましょう。これは文字のサイズです。最小の "1" から最大の "7" まであります。

書き換えが終わったら、[ファイル] →[上書き保存] とクリックして、メモ帳を閉じます。次にページのツールバーの [更新] アイコンをクリックします。ページの表示が変わりましたね。

このようにして、ソースを書き換え →結果を見て →またソースを書き換え・・・と繰り返し、気に入ったページに仕上げていきます。

皆さんはプロバイダに加入しているのですから、ホームページは無料で開設することができます。「でも、載せるものがないよ〜」と言われる方もいらっしゃるでしょうね。ホームページは別の用い方もあるのですよ。

ホームページには、ご家族の写真や近況、メッセージなどを載せて、URLはご親戚や友人だけに教えておくのです。ご自分と限られた人たちとのコミュニケーションの場です。掲示板を設置すれば双方向のコミュニケーションも取れますね。国内は勿論、世界のどこからでも市内通話料金で見ることができるのですから便利ですよ。

明日はページにBGMと画像を入れてみましょう。