61歳パソコン教師の日記 NO.023 (2000.1.18)


昨日のマガジンではパソコンには関係のない個人的なことを書きました。読者の方から苦情のメールが来るのではとひやひやしていましたが、あに図らず、激励のメールを沢山頂戴し、皆さんの優しいお心が身に沁みました。今もその幸せの余韻を味わっています。

昨日はみぞれが降る寒い1日でしたが、この他にも嬉しいことがありました。博多にお住まいの徳永さんという読者の方からお電話を頂いたのです。博多弁というのでしょうか、男っぽい言葉の隅々までが暖かさを感じさせるものでした。メールを取り交わしていると、初めての会話でも旧知の仲のように感じるものですね。メールマガジンを始めて良かったなあと心底から思いました。

では、そろそろパソコンの勉強を始めましょうか。

パソコンを長時間使っているとメモリの消費が増えて、パソコンの動きが鈍くなることは No.20で触れました。「システムモニタ」を使うとパソコンの状況を確認することができますよ。

  1. [スタート] →[プログラム] →[アクセサリ] →[システムツール] →[システムモニタ] とクリックします。ここに [システムモニタ] がない場合はインストールしましょう。

    [システムモニタ] のインストール方法です。

    [スタート] →[設定] →[コントロールパネル] →[アプリケーションの追加と削除] →[Windowsファイル] タブとクリック、[システムツール(Windows 95では「アクセサリ」)] →[詳細] ボタンをクリック →[システムモニタ] にチェックを付け [OK] →[OK] とクリックします。これで [システムモニタ] がインストールされます。この途中、Windows の CD-ROM を要求されることがありますから、その時は指示に従って CD-ROM をセットしてください。

    インストールが終わったら 1.に戻って進めてください。

  2. システムモニタが起動したら [編集] →[項目の追加] とクリックします。

  3. [分類(Windows95ではグループ)] 欄を選択して →[項目] 欄を選択 →[OK] ボタンをクリックします。

    同じように他の [分類] を選択して、[項目] を選択 →[OK] をクリックします。重要な項目は次の8項目です。[項目] を選択して →[説明] ボタンをクリックすると項目毎の説明が表示されます。

    【分 類】【項 目】
    メモリマネージャアロケート済みメモリ
    スワップファイルのサイズ
    ディスクキャッシュのサイズ
    現在使用されていない物理メモリのサイズ
    使用中スワップファイル
    ディスクキャッシュ
    (Windows98のみ)
    キャッシュ再利用の失敗
    Kernel(カーネル)スレッド
    プロセッサの使用率(%)

  4. 表示形式を選択するには [表示] →[折れ線グラフ]、[棒グラフ]、[数値表] のどれかをクリックして選択します。ツールバーのアイコンをクリックしても選択できます。

  5. いつでも簡単に [システムモニタ] を起動できるように、デスクトップにショートカットアイコンを作っておくと便利です。ショートカットの作成方法は No.2 で勉強しましたが、もう一度書いておきましょう。

    エクスプローラで "Windows" フォルダを開きます。最初にフォルダが並んでいますから、ファイルはその下ですよ。ファイル名が数字、アルファベット、かな、漢字の順番に並んでいます。その中に "sysmon.exe" があります。

    このファイルをマウスの右ボタンでデスクトップへドラッグ&ドロップします。("sysmon.exe"の上で右ボタンを押し、そのままマウスを動かしてデスクトップの何もないところまで移動するのですよ。途中でボタンを離したら駄目ですよ)
    →メニューが表示されます。→[ショートカットをここに作成]をクリックします。これでOKです。でも、名前の「〜へのショートカット」は余計ですね。削除しましょう。

    その名前を右クリック→表示されるメニューの [名前の変更] をクリックします。→名前をクリックしてから、[Backspace] や [Delete] キーで余計な文字を削除します →[Enter] キーで確定します。これですっきりしましたね。

    今日の勉強はここまでです。皆さん、お疲れさまでした!