61歳パソコン教師の日記 NO.025 (2000.1.20)


ここ数日は1日おきに天候が変わっていましたが、今朝は雲ひとつない快晴です。家々が朝日を浴びて輝いて見えます。天気が良いと気分も爽快になります。今日は何か良いことがあるのではと期待さえ抱かせてくれますね。

一昨日と昨日の2日間、パソコンの状況を確認する [システムモニタ] について書きましたが、今日はリソースの使用状況を確認する [リソースメーター] について書きます。

  1. [スタート] →[プログラム] →[アクセサリ] →[システムツール] →[リソースメーター] とクリックします。ここに [リソースメーター] がない場合はインストールしましょう。

    [リソースメーター] のインストール方法です。

    [スタート] →[設定] →[コントロールパネル] とクリック →[アプリケーションの追加と削除] をダブルクリック →[Windowsファイル] タブをクリックして開きます。
    [システムツール (Windows95 では「アクセサリ」)] を選択して →[詳細] ボタンをクリック →[リソースメーター] にチェックを付け [OK] →[OK] とクリックします。これで [リソースメーター] がインストールされます。
    この途中、Windows の CD-ROMを要求されることがありますから、その時は指示に従ってCD-ROMをセットしてください。

    ※インストールが終わったら 1.に戻って進めてください。

  2. リソースメーターの確認ダイアログが表示されますから [OK] ボタンをクリックします。

  3. タスクトレイに [リソースメーター] アイコンが表示されます。→これをダブルクリックします。→[リソースメーター] が起動します。

    [システムリソース]

    Windows が使用できるメモリ領域とスワップメモリ領域です。
    Windows 98 から MS-DOS アプリケーションが使用できる領域が追加されています。

    [Userリソース]

    アプリケーション、フォルダのウインドウ、ダイアログボックス、メニュー、キーボード、マウスなどのインターフェイスまわりのリソースです。

    [GDI リソース]

    Graphics Device Interface 用リソースで、ビットマップの操作や描画など、グラフィックに係る機能、プリンタの出力デバイスドライバソフトなどのリソースです。

  4. 各リソースを確認したら[OK]ボタンをクリックして閉じます。

  5. タスクトレイの [リソースメーター] アイコンを右クリック、→[リソースメーターの終了] をクリックします。

    操作中に「メモリ不足のため、この作業を実行できません。アプリケーションをいくつか終了してから、やり直してください。」というメッセージが表示されることがあります。これには二つのケースがあります。

    (1)メモリ自体が不足している場合(メモリの増設が必要です)

    (2)メモリ自体には余裕があってもリソースが不足している場合

    @操作中以外の起動しているアプリケーションを閉じる。

    A大きなサイズのデータをコピーや切り取りをした場合は、クリップボードに記憶されてメモリを大量に消費しています。文字を1字だけコピーするなどして、クリップボードの記憶を入れ替えます。

    Bごみ箱を空にする。

    Cデスクトップのショートカットアイコンを少なくする。

    Dスクリーンセーバーを使用しない。

    Eエラーを頻発するアプリケーションを再インストールする。

    システムリソースだけを確認する場合は [リソースメーター] を使わなくても確認することができます。

    デスクトップの [マイコンピュータ] を右クリック →[プロパティ] をクリック →[パフォーマンス] タブをクリックして開くと [システムリソース] の項目があります。