61歳パソコン教師の日記 NO.045 (2000.2.9)


ウィルス騒動も一段落、入院していた徳さんも昨夕退院されました。入院中に沢山の方からお見舞いのメールが届いたそうです。とても嬉しかったそうです。私が受けたウィルスの被害にも沢山の方から激励のメールを戴きました。皆さんの暖かいお心遣いが身に染みました。皆さん、有難うございました。

メールサークルの仕事は今日から徳さんにバトンタッチしました。参加申込み、記載事項の変更は徳さんへ送信してください。

fukuichi@po1.dti2.ne.jp

では、今日は読者の皆さんからご質問いただいた中からいくつかご紹介しましょう。

【アドレス帖にグループフォルダを作る】

  1. Outlook Express のツールバーの [アドレス帖] をクリック →[新規作成] →[新しいグループ] とクリックします。

  2. [グループ名] 欄にグループの名称を入力 →[OK] ボタンをクリックします。これでグループフォルダができます。

  3. アドレス帖でこのフォルダをダブルクリックをして開き、[選択] ボタンをクリックします。

  4. 左欄にアドレス帖に登録されている宛名の中から、グループに登録する宛名を[ctrl]キーを押しながらクリックして選択します。

  5. 中央の[選択]ボタンをクリックすると、右欄にコピーされます。→[OK] ボタンをクリック →前の画面に戻って [OK] ボタンをクリックします。
【スタートメニューに追加するには】

  1. エクスプローラの \Windows\スタートメニュー\プログラム\ フォルダを表示します。

  2. スタートメニューに加えるファイルを上記の [プログラム] フォルダへ右ボタンでドラッグ&ドロップします。

  3. メニューが表示されますので、[ショートカットをここに作成]をクリックします。
【Outlook Express Ver.5.01 の新しい機能】

一番の目玉は[開封確認メッセージ]機能が付いたことでしょう。受信者がメッセージを開封したことを確認するための、開封確認メッセージを要求することができます。ただし、受信者のメールプログラムが開封確認メッセージ機能をサポートしている場合に限り、開封確認メッセージを受けとることができます。勿論、受信者が開封確認メッセージを送信してくれなければ確認できません。受信者がメールを開くと「開封確認メッセージを送信するか否か」の表示がされますので、[はい]ボタンをクリックします。直ぐに送信しない場合は[開封確認メッセージ]は[送信トレイ]に保存されます。