62歳パソコン教師の日記 NO.065 (2000.2.29)


今日で2月も終わりですね。今日の神奈川は天気は良いのですが、強い風が吹き荒れています。明日から暦の上では春ですね。三寒四温を繰り返し、しばらくすると桜の便りが聞かれる季節がやってきます。

私の子供の頃の北海道は、冬の間の輸送手段は馬橇が主でした。雪が積もっている冬の間は馬方が馬糞を処理するなんてことはありません。雪が融け地面が乾いてくると、一冬の間に道路に溜まった馬糞が乾燥して、春先の強い風に舞い上がり、黄色い風が吹いていました。これを馬糞風と呼んで、春の訪れを感じたものでした。

ホームページでは動きのある画像が用いられていることが多いですね。これには二つの方法があります。一つは JAVA APPLET や JAVA SCRIPT などで静止画を動かす方法です。もう一つは「アニメーション GIF」といって、画像自体が動くものです。これは簡単に作ることができ、サイズも小さいので、ホームページを動きのあるものにするには最適でしょう。完成した「アニメ GIF」はホームページの他に、リッチテキストメールに挿入すれば楽しいメールになりますよ。

「アニメーション GIF」を作るにはソフトが必要です。私が使っているソフトは「Paint Shop Pro 6J」というグラフィックソフト(実売価格 1万円ほどです)に付属の「Animation Shop」というものです。このソフトを例に作成手順をご説明します。

オンラインソフトのフリーウェアも色々ありますので、ダウンロードしてみては如何ですか。作成手順はソフトによって多少の違いがありますが、基本的にはみな同じようなものです。オンラインソフトのダウンロードサイト「ベクター」へアクセスして、気に入ったソフトを見つけましょう。

http://www.vector.co.jp/

  1. 先ず、使用する画像を複数枚用意します。Windows に付属の「ペイント」や「Paint Shop Pro 6J」などのグラフィックソフトを使って作ります。

  2. 出来上がった画像を [GIF形式] で保存します。[ファイル] →[名前を付けて保存] とクリック →[ファイルの種類] 欄で [GIF 形式] を選択して →[保存] ボタンをクリックします。

  3. [Animation Shop] を起動します。

  4. [ファイル] →[アニメーションウィザード] とクリックします。

  5. 使用する画像を順番に選択します。

  6. 背景色を指定または透過を指定、画像1枚毎に表示時間を設定、繰り返す回数を指定します。これらは後で変更することができます。また、画像を表示する順番も変更できます。

  7. [ファイル] →[名前を付けて保存] とクリックします。

  8. [保存する場所] と [ファイル名] を指定して [保存] ボタンをクリックします。

    以上で完成です。[1〜2] で保存した複数の画像は削除しても構いません。