62歳パソコン教師の日記 NO.066 (2000.3.1)


昨日、近くの会社へパソコンの指導に行ってきましたが、マウスが思うように動きません。聞いてみると、パソコンを買ってから一年間、マウスの掃除は一度もやったことがないそうです。2〜3分で掃除を終えると、快適に動くようになりました。

その会社の人は、動きが悪いのはマウスパッドのせいだと思って、何度かマウスパッドを買い換えていたそうです。マウスは月に一度くらいは掃除をしましょう。また、パソコンを使う前には、刷毛などでマウスパッドの表面の埃を取るように心がけましょう。

マウスの底に丸い蓋があります。これを指で少し廻すと蓋が外れ、中のボールを取り出せます。マウスの中には横と後ろにシャフトがあります。ボールが当たる部分に埃が巻き付いています。ピンセットか毛抜きで取り除きます。ボールを入れて蓋を閉めます。

パソコンの電源を普通のタップから取っているケースも良く見かけます。これでは、本体とモニタの電源を切っても、パソコンには電流が流れています。電気の無駄使いの他に、落雷などでパソコンを壊してしまう虞がありますし、パソコンの寿命も短くなります。スイッチが付いているOAタップに取り替え、終了したら必ずOAタップのスイッチも切るようにしましょう。

パソコンにとって埃と熱は大敵です。本体の背面には冷却ファンが付いています。壁との間を空けて設置しましょう。隙間が少ないと熱気を逃がすことができず、マシンの動きが鈍くなります。また、ファンや空気出入口には埃が溜まり易いので、埃が溜まったらこまめに取り除くようにしましょう。

パソコンにはタバコの煙も大敵です。データ入力会社など、沢山のパソコンを使っているでは禁煙が常識です。私はヘビースモーカーなので禁煙はできませんから、空気清浄機を使っています。

キーボードのキーの隙間に埃が溜まっているのも良く見かけます。これは、エアーダスターで吹き飛ばせば簡単に除去できます。1缶 \800 円ほどですから常備品として1缶用意しておきましょう。