62歳パソコン教師の日記 NO.083 (2000.3.18)


私の会社で管理をしているマンションのオーナーご夫妻が、一昨日、世界一周の船旅へ出発さました。ご主人は80歳を超えた方ですが、船旅がお好きで、これまでも度々ご夫婦で出掛けているのです。

客船は「日本丸」で、100泊101日の旅、数百人の乗客のほとんどがシルバー世代だそうです。日本の高齢者も変わりましたね。以前なら、温泉でのんびりと湯に浸かるのが楽しみのようでしたからね。

私も世界一周の船旅は無理にしても、チャンスがあれば何度でも海外へ旅をしたいと思っています。国内にも素晴らしい所が沢山ありますが、外国での体験は、考え方までも変えてしまう程のショックを受けることがあります。昔は、日本から一歩も出ずに一生を終える人がほとんどでしたが、現在は、行こうと思えば誰でもが可能な時代です。

子供に財産を残しても決して良いことはありません。良い暮らしをしたり、欲しい物があったら、親をあてにせず、その目標に向けて努力をすれば良いと思います。

私は商売柄、沢山の相続に関わる争いを見てきました。相続する財産があるから兄弟姉妹で争いが起きるのです。話し合いがつかず、何年間も相続をすることが出来ず、だんだんと犬猿の仲になるケースが多いようです。

私のように、財産は無し、借金はあるというケースでは、子供たちは全員一致で相続放棄をするでしょう。争う要因はありません。財産を残さないことが子供たちのためになると考えています。

子供が成人するまでは親に養育の義務がありますが、成人した子供には、金銭の援助よりも精神的な支えをするべきだと思います。金銭は一時的なものですが、精神的なものは子供の一生の間活き続ける財産です。

自分が働いて得た財産は、自分たち夫婦のために使い切りましょう。子供たちに財産を残すよりも、苦労を共にした妻と自分のために使った方が、数倍、数百倍も有意義な使い方だと思っています。

【ホームページの完全保存方法】

No.7でホームページを保存する方法を書きました。方法は下記の通りです。

オンラインでページを表示した状態で、[ファイル]→[名前を付けて保存] とクリック、 [Web ページの保存] ダイアログで [ファイルの保存場所] を指定、[ファイルの種類」欄が「Webページ、完全 (*.html,*htm)」となっていることを確認して [保存] ボタンをクリックします。

この方法では、[HTMLファイル] と そのページで使用している [画像ファイルを収納したフォルダ] の2つに分かれて保存されます。[HTMLファイル] をダブルクリックするとページが表示されます。

しかし、正しく表示されるのは [HTML] だけで記述したページの場合だけです。 BGMは再生されませんし、[Java Applet] や [Java Script] を使用した部分は表示されません。

今日は、それらを用いたページも完全に保存する方法をお伝えいたします。色々な手法を使った「SALTY」のトップページを保存してみました。

  1. オンラインでページを表示して 、[ファイル] →[送信] →[ページを電子メールで] とクリックします。→[メール作成画面] が表示されます。

  2. [宛先] 欄に自分のメールアドレスを入力して、→[送信] ボタンをクリックします。→送信が行われます。

  3. [Outlook Express] を起動して、メールを受信します。

  4. オフラインで、受信したメールをダブルクリックで開き、(ここで [ダイアルアップの接続] ダイアログが表示され、 [キャンセル] ボタンをクリックしても、何度繰り返し表示されます。5回ほど [キャンセル] ボタンをクリックすると表示されなくなりました。)→[ファイル] →[名前を付けて保存] とクリック、 →[メッセージに名前を付けて保存] ダイアログで [ファイルの種類] 欄を [HTMLファイル] として [保存] ボタンをクリックします。

  5. 保存したファイルをダブルクリックで開きます。オンラインと同じように、BGMが再生され Java も表示される筈です。表示されない場合は、 [表示] →[エンコード] →[日本語(自動選択)] をクリックします。

  6. ところが、ページの下方にある私の [挨拶文]、その下の [Media Player]、[SALTY のボタン] などが左に寄って表示されています。これは変ですね。

    [表示] →[ソース] とクリックして [ソース] を開いてみましたが、文字化けしている個所が沢山あります。でも、画面では正しく表示されていますから、気にすることはないでしょう。

    [ソース] を最大化して [タグ] を調べてみると、 下から30行目あたりに という記述した覚えの無いタグがありました。メールで送信 →保存の間に入ったようです。これを削除して、→[ファイル] →[上書き保存] とクリック、 →[ソース] を閉じて [更新] ボタンをクリックすると、すべてが正しく表示されました。

    少々面倒ですが、Webページを完全に保存するには、この方法がベターのようです。 [HTMLファイル]、[画像ファイル]、[音声ファイル] が1つのファイルになるのは便利ですね。