62歳パソコン教師の日記 NO.097 (2000.4.1)


「登録もしていないのに、毎日毎日メールが来て困っています。解除するにも http://plaza27.mbn.or.jp/~nishikubo/mag2.htm1 がつながらないのはなぜですか? ホントに困っています。腹が立つくらいです。なんとかして下さい。いいかげんにして下さい。」

4日前、突然このようなメールが届き驚きました。大変ご立腹のようです。ご本人が購読申込みをされていないのなら、お知り合いのどなたか(少なくともメールアドレスをご存知の方)がご本人のメールアドレスで購読の申込みをされたから配信されているのでしょう。私は原稿を「まぐまぐ」へ送って配信依頼をするだけで、どなたが購読されているのか全く判らないのですから、私に抗議をされるのは筋違いです。

登録の解除は「まぐまぐ」または「SALTY」のホームページで簡単に出来ます。このマガジンの最後の方に、両方のURLが載っています。しかし、そのメールに書いてあった私のHPのURLは間違っていました。それでは私が本人に代わって、受信したメールのアドレスで解除をしてあげようとしたのですが、そのアドレスでは購読されていないということです。

私は直ぐに、「ご迷惑をお掛けして申し訳ありません、あなたの代わりに解除をしてあげようとしましたが、あなたのアドレスでは購読されていませんでした。別のアドレスで配信されているのではありませんか?」と彼女に返事を出しました。それから3日が経ちましたが、なんの返事もありません。

数千人の読者がいらっしゃいますが、幸いにもこのようなメールを戴いたのは初めてのことです。でも、そのようなメールを戴いたことには問題はありません。私はそのメールに対して誠意をもって対応したつもりですが、それに対して何らの返事がないことに納得がいかないのです。

このようなことをマガジンに書くのは過剰反応でしょうか。メールなら何でも書き放題だという、間違った考えを持った人がいるからです。メールアドレスだけでは何処の誰かは判りません。それをよいことに無責任なメールを送信する者を見過ごすわけにはいきません。

メールは手紙とは違い、気軽に送信できますし、それがメールの良いところです。しかし、守らなければならないマナーは手紙もメールも同じだと思います。マナーといっても難しいことではありません。相手の気持ちを思いやる心を持っていれば良いのですから。

私はマガジンで、最近の日本人の社会人としての常識の欠如について度々書いていますが、今回の件もその現われだと思います。残念なことですね。

しかし、こうしてマガジンに書くことによって、少しでも世の中のためになるのではと考えています。それは、賢明な読者の皆さんがいらっしゃるからなのです。