64歳パソコン教師の日記 NO.1010(2003.1.1)


 読者のみなさん、明けましておめでとうございます。昨年中はマガジンを ご購読いただき有難うございました。本年も何卒よろしくお願い申し上げま す。

 12月30は、マガジンに書くために、WindowsXP パソコンでライティン グソフト「B's Recorder」を使って、ブータブルリカバリーCDの作成に取 り掛かりました。

 ところが、何度やってもうまくいきません。作成したリカバリーCDをセ ットして電源を入れても「セットアップメニュー」が起動しないまま一日が 終わってしまいました。

 31日も試行錯誤を繰り返しましたが、やはり成功しませんでした。女房 から「少しは掃除を手伝ってくださいよ」と言われながら、二日間パソコン に向かい通しでした。そのようなわけで、マガジンは二日連続の休刊、メー ルの年賀状も作成できませんでした。

 元旦の今朝は「B's Recorder」を諦めて「WinCDR」でやってみました。こ のソフトは「CD-RW」ドライブに附属していたものです。 こちらはブータブ ルCDの作成はできないので、専用の起動フロッピーディスクを作成して起 動する方法です。

 こちらは一度で成功しました。マガジンに書くために3回繰り返してみま したが、すべて成功しました。 Cドライブの使用領域は 1GB 強でしたが、 1枚の CD-R に書き込むことができました。自動的に圧縮されて書き込まれ るのでしょう。

【WinCDR でオリジナルリカバリーCD作成】

 Windows の調子が悪くなったり起動しなくなった場合、メーカー製の既製 品パソコンなら、付属のリカバリーCDで簡単に工場出荷時状態にすること ができます。

 しかし、その後が大変です。ソフトのインストール、増設したハードウェ アのドライバのインストール、各種設定、バックアップファイルを元に戻し たり、プリインストールされている不要ソフトをアンインストールしたりし なければなりません。

 最良の状態時にオリジナルリカバリーCDを作成しておくと、Windows の 調子が悪くなった際に、作成した時点の状態にすることができます。デルコ ンピュータなどのオーダーメードパソコンや自作パソコンなど、リカバリー CDが付いていないパソコンの場合は特に必要です。

 ハードディスクが1台の場合は複数のパーティションに分割し、Cドライ ブはOSとアプリケーションソフト専用にします。データはDドライブなど に保存するようにします。

 「マイドキュメント」「メールデータ」などの保存場所もCドライブ以外 に変更しておくと、リカバリーの際にバックアップが不要です。

 作成する前の準備として、下記を実行します。

  1. Cドライブのディスククリーンアップを実行して不要なファイルを削除し ます。

  2. Cドライブのデフラグ、スキャンディスクを実行して最適な状態にします。

  3. ウィルス対策ソフト、その他の常時起動ソフトをオフにします。これは書 き込みに失敗しないためです。

 準備ができたらリカバリーCDの作成です。OSが「Windows Me」、ライ ティングソフトが「Win CDR 7.28」を例にその手順をご説明しましょう。

  1. 新しいフロッピーディスクをドライブにセット、→「スタート」→「設定」 →「コントロールパネル」とクリック、→「アプリケーションの追加と削 除」をダブルクリック、→「起動ディスク」タブを開き、→「ディスクの 作成」ボタンをクリックします。→起動ディスクが作成されます。

  2. 作成されたフロッピーディスクをドライブに入れたまま、→「スタート」 →「プログラム」→「WinCDR」→「起動ディスクの作成」とクリックしま す。→「MS-DOSプロンプト」が起動します。

  3. キーボ−ドから半角で「A」を入力、→「Enter」キーを押します。→「起 動ディスクの作成は終了しました」と表示されたら、→「MS-DOSプロンプ ト」を閉じます。「GHOST.ENV」と「GHOST.EXE」の2個のファイルが追記 されました。

  4. CD-R または CD-RW メディアをドライブにセットします。

  5. 「Win CDR 7.28」を起動、→左端の「ツール」タブを開き、→「ドライブ バックアップ」ボタンをクリックします。→「ドライブバックアップウィ ザード」が起動します。→「次へ」ボタンをクリックします。

  6. 「バックアップするドライブ」欄が起動ドライブ「C」になっていること を確認、→「作業フォルダ」欄のフォルダアイコンをクリック、→「C」 以外のドライブを指定、→「OK」ボタンをクリック、→「次へ」ボタン をクリックします。

  7. 「圧縮率」欄は「標準」、→「メディア」欄は書き込むメディアの記録可 能時間を選択、→「次へ」ボタンをクリックします。

     650MB は74分、700MB は80分です。

  8. 「書き込み方法」欄は「Disk at once」、→「書き込み速度」欄はドライ ブの書き込み可能最速を選択、→「オプション」欄の「オンザフライ書き 込み」にチェックが付いていることを確認、→「次へ」ボタンをクリック します。

  9. 表示された設定を確認、→「完了」ボタンをクリックします。→「ドライ ブバックアップウィザード」が終了、→「Win CDR 7.28」に附属のシステ ム復元ソフト「Norton Ghost」が起動、→作業用ドライブに書き込みが行 われます。

  10. 書き込みが完了したら、→「書き込み」ボタンをクリックします。

  11. メディアへの書き込みが始まります。1枚で間に合わない場合は表示され る指示に従い、新しいメディアに入れ替えて書き込みを進めていきます。

  12. 全ての書き込みが終わったら「B's Recorder Gold」を終了します。 以上 でオリジナルリカバリーCDの完成です。

【リカバリーの実行】

  1. Windows が起動しない状態の場合は、パソコンの電源を入れ、直ぐに作成 した起動フロッピーディスクとリカバリーCDをセットします。

    Windows が起動する状態の場合は、作成したリカバリーCDと起動フロッ ピーディスクをセット、→再起動します。

  2. 「Microsoft Windows Millennium Startup Menu」 の黒い画面が表示され ます。 →「1.Test and Restore」を選択、→「Enter」キーを押します。

    テストをせずに復元のみを行う場合は「3.Restore only」、テストのみを 行う場合は「2.Test only」を選択します。

  3. 「Win CDR 7.28」が起動、→テストが行われ、→下記のメッセージが表示 されたらテストは成功です。 →「Enter」キーを押します。→復元が始ま ります。

    Testing finished successfully!
    Insert No.1 backup disc.

    Start Restore your system.
    Press any key to continue.

  4. 復元が完了すると下記のメッセージが表示されます。 →「Enter」キーを 押して再起動します。これでリカバリー完了です。

    Process completed.
    Eject your CD and Floppy.
    Please reboot computer.

 Cドライブをそっくり復元するのですから、OS、ドライバ、後からイン ストールしたソフト、いろいろな設定、すべてが元のままです。これは便利 ですね。ぜひお試しください。