64歳パソコン教師の日記 NO.1016 (2003.1.10)


 やっとお正月気分が抜けたと思ったら、明日から三連休ですね。私は年明け早々引いた風邪がまだ治りません。昨日は徹夜明けでしたので早目に休み、 今朝?は2時からパソコンに向かっています。

 読者の方から「ファイルを切り替えるときに「ガリッ」という音が3回しましたが、その後は正常です。この音はハードディスク損傷のサインでしょ うか?」というご質問がありました。

 ハードディスクのヘッダは、毎分5400〜7200回転するデータを記録するディスク(プラッター)から僅か15ナノメートル(0.000015mm)浮 上した位置でデータを読み取っています。

 最近のハードディスクは、電源がオフの時はヘッドがプラッターから離れるようになっていますが、オンの時には衝撃を与えないように注意しなけれ ばなりません。

 ヘッドがディスクに接触してそのような異音が発生した場合はかなりの損傷(クラッシュ?)が生じます。3回も起きた後も正常ということは考え難 いです。このような音はフロッピディスクへのアクセス音だと考えられます。

 ハードディスが回転している(アクセスランプが点灯)音がカラカラ、キリキリと連続して鳴り出したら要注意です。プラッターを回転させているス ピンドルモーターの寿命が近づいていると考え、早急に新しいハードディス クと交換しましょう。

 フロッピーディスクにアクセスする操作をしていないにも拘らず、フロッピーディスクドライブからアクセス音が聞こえ、その間は操作不能になり、 エラーが表示されることがあります。

 このような時には「最近使ったファイル」の中に、フロッピーディスク内のファイルへのショートカットが登録されている可能性があります。

 タスクバーの何もない個所を右クリック、→「プロパティ」をクリック、→「詳細設定」タブを開き、→「クリア」ボタンをクリック→砂時計が消え たら「OK」ボタンをクリックします。(Me)

 「スタートメニューの設定」タブを開き、→「クリア」ボタンをクリック→砂時計が消えたら「OK」ボタンをクリックします。(98)

 「スタートメニュー」タブを開き、→「カスタマイズ」ボタンをクリック、→「詳細設定」タブを開き、→「一覧のクリア」ボタンをクリック、→砂時 計が消えたら「OK」→「OK」とボタンをクリックします。(XP)

 コンピュータを起動する際にもフロッピーディスクへのアクセス音がします。これは、システムにフロッピーディスクドライブが接続されているかチ ェックするためです。外付けフロッピーディスクを使っている場合以外は不要な機能です。

 このチェックを実行しないように設定を変更すれば、この作業を省略して、起動に要する時間も短縮することができます。(Me/98/95)

  1. 「スタート」→「設定」→「コントロールパネル」とクリックします。

  2. 「システム」アイコンをダブルクリック、→「パフォーマンス」タブを開きます。

  3. 「ファイルシステム」ボタンをクリック、→「フロッピーディスク」タブを開きます。

  4. 「設定」欄の「コンピュータを起動するたびに新しいフロッピーディスクドライブを検索する」のチェックを外し、→「OK」→「OK」とボタン  をクリック、→「コントロールパネル」を閉じます。