64歳パソコン教師の日記 NO.1026(2003.1.21)


 昨日のマガジンに書いた「DVD+RWメディアをハードディスクのよう に使う」の続きです。

【DVD+R/RWドライブの増設】

 ドライブを内蔵する場合は5インチベイに装着します。「CD−ROM」 または「CD−RW」などが既にある場合は、ジャンパをスレーブに設定し、 インチネジでベイに固定します。

 マザーボードのセカンダリIDEコネクタに接続しているケーブルの中間 のコネクタを接続します。(このケーブルの先端のコネクタは「CD−RO M」などに接続されている筈です)→電源ケーブルを接続します。

【フォーマット】

  1. 新しいDVD+RWメディアをドライブにセットします。→「B's CLiP」  にウインドウが開きます。→「B's CLiP」をクリックします。

  2. 「ボリュームラベル」欄に「B's CLiP」と表示されています。そのままで 良ければ「完了」ボタンをクリックします。

    以前にフォーマットしたことのあるメディアの場合は「完全フォーマット」 と「通常フォーマット」から選択できます。

  3. 「物理フォーマット」→「論理フォーマット」が行われ、1分ほどで完了 します。

    以上で、ハードディスクと同じように使用することができます。

 DVD−RWでも同じようにできますが、フォーマットするのに1〜2時 間もかかるという欠点があります。ただし、「インスタントCD+DVD」という ソフトを使うと1分ほどでフォーマットできます。

 DVDドライブからメディアを取り出すには、タスクトレイの「B's CLiP」 アイコンを右クリック、→ドライブを選択、→「取り出し」をクリックしま す。

 「このまま取り出す」または「DVD-ROM ドライブで読めるようにする」を 選択して「OK」ボタンをクリックします。

 「B's CLiP」に附属の「B's Erase」 というソフトでメディア内のデータ を消去すると、「B's Recorder」などのライティングソフトで使用できる状 態に戻ります。