64歳パソコン教師の日記 NO.1033 (2003.01.30)


 「PC質問箱」で次のようなご質問がありました。

 「会社で複数の人が使っている Windows 98 パソコンに保存しておいたファイルを、他の人が勝手に削除してしまいます。削除されない方法はありま せんか?」

 Windows 2000/XP ならこのような問題は起きませんが、これはひどい話ですね。完全な嫌がらせか業務妨害です。どんなに時間をかけて苦労して作成 したデータでも、削除は一瞬でできます。

 ワードやエクセルのファイルは、パスワードをかけると、開いたり上書き保存したりはできなくなりますが、削除するのはOKなのです。「読み取り 専用」とあまり変わりません。

 オンラインソフトを探してみましたが、ワードやエクセルのファイルに限らず、全てのファイルにパスワードをかけるソフトはありますが、これも削 除を禁止することはできません。

 重要なシステムファイルでさえ削除できるのですから、その対策として隠しファイルにしているのです。これに倣って隠しファイルにすれば良いので はと考えました。

 ファイルを右クリック、→「プロパティ」をクリック、→「隠しファイル」にチェックを付け、→「OK」ボタンをクリックします。これでファイルは 表示されなくなります。

 初期設定では「ツール」→「フォルダオプション」とクリック、→「表示」タブを開くと「隠しファイルおよび隠しフォルダを表示しない」にチェック が付いています。 Windows 98 の場合は「隠しファイルとシステムファイルを表示しない」です。

 しかし「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェックを付けられてしまうと、隠しファイルにしても表示されてしまいます。 Windows 98 の 場合は「すべてのファイルを表示する」です。

 フォルダごと隠しファイルにするには、フォルダを右クリック、→「プロパティ」をクリック、→「隠しファイル」にチェックを付け、→「OK」ボ タンをクリック、→「このフォルダ、およびサブフォルダとファイルに変更を適用する」にチェックを付け、→「OK」→「OK」とクリックします。

 これでフォルダごと見えなくなるかというと、看板に偽りありなのですね。ファイルは表示されなくなりますが、フォルダは表示されるのです。これで はフォルダご削除されてしまいますね。

 そこで考えたのは、ファイルをフォルダに入れないという方法です。ドライブの最上階層(ルートディレクトリ)に保存するのです。Cドライブの場 合は最上階層にもフォルダの他にウインドウズのファイルがありますから、保存したファイルを探すのが大変です。Cドライブ(パーティション)以外 に保存した方が良いでしょう。

 Cドライブしかない場合は、ファイル名の頭に記号を付けましょう。例えば「!report.doc」のようにします。 ファイル名には次の記号9個は使用で きません。( \ / : * ? " < > | )

 フォルダやファイルは、名前の最初の文字が「記号」→「数字」→「アルファベット」→「日本語」の順に表示されます。

 エクスプローラでCドライブを開くと、右欄に最上階層のフォルダ、ファイルの順に表示されます。ファイルの先頭には、記号を付けたファイルが表 示されます。

 表示されては駄目でしたね。隠しファイルにしておき、「隠しファイルおよび隠しフォルダを表示しない」にチェックを付けておいてください。

 ファイルを開く場合は「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェックを付けて、隠しファイルを表示してください。パソコンを終了する時に は「隠しファイルおよび隠しフォルダを表示しない」にチェックを付けるのを忘れないように。