65歳パソコン教師の日記 NO.1065(2003.3.10)


 パソコンでテレビを見る必要はないと思っていましたが、やはりテレビ機 能が備わっていると便利ですね。私の部屋は狭いので3台のパソコンを置く のが限度、テレビを置く余裕はありません。一日中パソコンに向かっていま すから、テレビを見ることはあまりありませんでした。

 撮り貯めたVHSビデオテープをDVDに保存しようと考え、昨年の暮れ に作成したパソコンにTVチューナー付きキャプチャーボードを装着しまし たが、未だビデオデッキを接続していないので実行していません。

 しかし、TVアンテナケーブルは接続していますので、パソコンで仕事を しながらTVを見ています。映像は画面の大きなテレビには劣りますが、パ ソコンの 5.1チャンネルスピーカーのサウンドは迫力がありますので、音楽 番組はパソコンの方が優ります。

 操作はリモコンでも行えます。ワンタッチで録画や静止画像の保存も可能 です。市販されている映画などのDVDはコピーガードされていますが、テ レビで放映された映画をDVDに録画するのはOKなのでしょうね。

【ファイルリスト出力】

 連続再生音楽CDを作成するには「メモ帳」にファイルリスト(曲のファ イル名)を入力して、→ファイル名に拡張子「.m3u」を付けて保存します。

 しかし、1枚のCDに「mp3 形式」なら二百曲、「mid 形式」なら数千曲 から一万曲以上も入りますから、ファイル名の入力が大変です。でも、フォ ルダの右クリックメニューに「ファイルリスト出力」という項目を作成して おくと簡単です。

 「レジストリエディタ」で「HKEY_CLASSESS_ROOT」→「Directory」→「s hell」キーの下階層に「ファイルリスト出力」という名のキーを作成、→そ の下階層に「Command」という名のキーを作成、→「Command」キーを開いた 状態で、右欄の「既定」を開き、→「値のデータ」欄に下記を入力、→「レ ジストリエディタ」を閉じます。

「command.com /c dir /b "%1" > D:\list.txt」

 曲のファイルを保存したフォルダを右クリック、→「ファイルリスト出力」 をクリックすると、あっと言う間にDドライブに「list.txt」というファイ ルリストを書き込んだファイルが作成されます。以上はホームページの「C D−R]→「自動連続再生CD」に書いてあります。

【Windows XP/2000 の場合】

 ところが、「Windows XP」でやってみると「list.txt」ファイルは作成さ れますが、中は空(白紙)です。「Windows 2000」でも同じでしょう。でも 方法はありますよ。

  1. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプ ロンプト」とクリックします。

  2. 「dir /b c:\music > d:\list.txt」と入力、→「Enter」キーを押すと、 瞬時に「music」フォルダ内のファイルリストが書き込まれた「list.txt」 ファイルがDドライブに作成されます。

    フォルダ名やファイル名にスペースが入っている場合は、下記のように ダブルクォーテーションで囲みます。

    「dir /b c:\music > d:\"My Music"\list.txt」

 この方法は「Windows 9X」の「MS-DOS プロンプト」でも有効です。 ファ イルリストは「.m3u」の為だけではありません。ご自分のマシンのファイル リストをツリー形式で保存しておくと、後々お役に立つことでしょう。