65歳パソコン教師の日記 NO.1073 (2003.03.19)


 今朝までにホームページの「KENT-NET」への移動が全て完了しました。メ ールの送受信もOKです。ホームページ用の容量がが300MB、メール用 が200MBもあります。メールアカウントは100個まで使えます。

 これまではホームページとメールを合わせてで100MBでしたから、大 豪邸に移り住んだような気分です。トップページの「WELCOME TO SALTY」の 右に縦長の四角が表示されるので困っていましたが、これも「KENT-NET」に なってからなくなりました。

 日本ではCGIと言えば「KENT-WEB」というほど有名ですが、そこが運営 するレンタルサーバーですから、私の質問にも的確な答が返ってきます。他 のプロバイダーと異なり、小尾さんをはじめスタッフの皆さんはCGIのプ ロばかりなのでしょう。

 これまでのレンタルサーバー料は年間5万円以上でしたが、「KENT-WEB」 では5倍の容量なのにキャンペーン価格3万5千円という安さです。レンタ ルサーバーを利用している方は「KENT-NET」に変えませんか?

【DVDビデオの作成】

 今日は昨年からの懸案だった、ビデオテープからパソコンに「mpeg形式」 で取り込む作業をしました。居間のテレビにはダビングのために2台のビデ オデッキを接続していましたが、その1台をパソコンに繋ぎました。

 作業といっても、ビデオデッキの映像と音声の出入力端子をキャプチャー ボードのビデオとオーディオの入力端子にケーブルで繋ぐだけです。キャプ チャーボードに付属のソフトを起動、→デバイスを「コンポジット」に変更 すればビデオテープがパソコンのディスプレイで再生されます。

 ソフトの「録画」ボタンをクリックすると録画が始まります。「停止」ボ タンをクリックすると録画が止まり、→ファイルの保存画面が表示され、→ 「OK」ボタンをクリックするだけで「mpeg形式」で保存されます。

 保存された「mpeg」ファイルを 「DVD+R」または「DVD+RW」に焼けばDV Dビデオの完成です。DVDビデオはビデオテープのように劣化することが ありませんから、永久保存することができます。

 レンタルビデオはコピーガードされていますからビデオテープにダビング することができませんが、上記の方法でDVDビデオを作成することが可能 です。先日買ってきた「DVD+R」メディアは1枚260円でした。

 パソコンでDVDビデオを再生できるのは勿論ですが、パソコンのTV出 力端子とテレビの入力端子をケーブルで繋げばテレビでも再生できます。ま た、テレビにテレビ用DVDデッキを接続すれば、パソコンと繋がなくても テレビの大画面で再生できます。

 この機能は、ヘミングパソコンの「Sタイプ」と「Aタイプ」に搭載され ています。パソコンのディスプレイの代わりに、テレビ画面に表示すること も可能です。因みに、私のメインマシンは「Sタイプ」と同じ仕様です。

 これまでに撮ったビデオテープは沢山あります。子供の運動会やピアノの 発表会、海外旅行などで撮ったビデオテープを全てDVDにしようと思って います。

 ビデオテープの劣化の問題を別にしても、数年後にはDVDデッキがビデ オデッキに取って代わるでしょう。そうなれば、ビデオテープを再生できな くなります。

 「Windows 95」以前には大きなフロッピーディスクがありましたが、今は そのドライブがありませんから、そのフロッピーがあっても読み書きできま せん。同じようなことですね。