65歳パソコン教師の日記 NO.1082(2003.4.1)


 今日から四月、なんとなくウキウキしてきます。終戦後の日本では、4月 1日は「エープリルフール」でした。アメリカ大リーグが開幕、松井は初打 席にタイムリーを放ち1打点、野茂は完封勝利でした。

 高校野球は昨日延長15回で再試合となった東洋大姫路と花咲徳栄は今日 も延長戦、どちらも勝って欲しかったですね。明日は準決勝です。横浜高校 が松阪投手を擁して全国制覇をしてから5年、今年は期待しています。

【ワードの自動バックアップ機能】

 昨日のマガジンに「ワード」と「エクセル」には、一定時間ごとにバック アップする機能がありますと書きましたが、この機能は「ワード」だけにし かありませんでした。お詫びして訂正させていただきます。

 保存してあるワードファイルを開くと、同じフォルダ内に色の薄いワード のアイコンが付いて、ファイルなの頭に「~$」が付いたファイルが表示され ます。色の薄いアイコンが付いたファイルは「隠しファイル」です。

 このファイルがバックアップファイルで、元のワードファイルを閉じると 消えます。トラブルが発生して上書き保存ができなかった場合は、このファ イルは別の場所に保存されます。

 トラブルが発生して手動で上書き保存ができなかった場合、次に「ワード」 を起動したときに、バックアップファイルが自動的に開かれますから、これ を保存します。

 「隠しファイル」を表示するには「マイコンピュータ」や「エクスプロー ラ」で、メニューバーの「ツール」→「フォルダオプション」とクリック、 →「表示」タブを開き、→「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチ ェックを付けます。

 この機能の初期設定では、作業中のデータが10分毎に自動バックアップ されます。ワードファイルを開いて作業を開始すると、10分後に最初のバ ックアップが行われます。

 ですから、最初の10分間にトラブルが発生した場合は何もバックアップ されません。作業途中でも最悪10分間の作業はバックアップされないとい うことになります。

 バックアップ間隔の設定は、メニューバーの「ツール」→「オプション」 とクリック、→「保存」タブを開き、→「自動バックアップ」欄で分単位で 指定します。