65歳パソコン教師の日記 NO.1101(2003.4.25)


 今日のお昼前、光ファイバーの「Bフレッツ」が開通しました。昨日の午 後に建物内へケーブルを引く作業が行われました。ゴンドラの付いた作業車 と4〜5人の作業員が来て、県道の反対側からケーブルを引いたのですが、 考えていたより大掛かりな工事でした。

 今日は階段の配電盤から部屋の中にケーブルを引き込み、モデムのような 終端装置を取り付けました。工事の人が帰ると早速、LANケーブルでメイ ンマシンと接続してセットアップをしました。

 セットアップに要した時間は僅か5分ほど、プロバイダーのユーザー名と パスワードを入力するだけですから簡単なものです。光ファイバーですから、 アクセスポイントなどは関係ないのです。

 インターネットに接続して最初にやったのは、転送速度の計測です。30Mb ps前後〜55Mbps前後で、期待していたほどではありませんでしたが、これま でのISDNと比べると驚異的な速さです。

 明日はルーターを買ってきて、他の3台のパソコンも繋ごうと思ってます。 ADSLなら速度の遅いルーターでも良いのですが、折角の光ファイバーで すから、その速度を活かすルーターは少し高いのです。

 また、無線LANにしようか、ケーブルで繋ごうかと迷っています。無線 LANはケーブルと比べると転送速度が遅いし、LANアダプターを4個も 買わなくてはならないのが余計です。

 ルーターが2万円、アダプター4個で4万円、計6万円です。床を這うL ANケーブルが邪魔ですが、身分相応に考えるとやはりケーブルでしょうね。 ヘミングメイト世話役の「徳さん」のところも、今日、光ファイバーが入る そうです。


【マイピクチャースクリーンセーバー】

 スクリーンセーバーの役目は、パソコンから離れている間に、作業中の内 容を他人に見られないようにすることと、CRTディスプレイに同じ画面を 長時間表示しているとCRT内部の蛍光材料が劣化して、電源を切っても画 面の跡が跡が残る「焼き付き」から守るものでした。

 最近のCRTディスプレイは改善されたので、あまり「焼き付き」を気に する必要はありません。ウインドウズには数種類のスクリーンセーバーが用 意されていますが、気に入った複数の写真をスライド表示させるのも楽しい ですよ。

  1. 「C:\Documents and Settings\ユーザー名\My Documents\My Pictures」 または「C:\My Documents\My Pictures」 フォルダの中にスクリーンセー バーに使用する写真を保存します。任意のフォルダに保存してもOKです。

  2. デスクトップの何もない個所を右クリック、→「プロパティ」をクリック します。→「画面のプロパティ」ダイアログが表示されます。

  3. 「スクリーンセーバー」タブを開き、→「スクリーンセーバー」欄のドロ ップダウンボタンをクリックしてリストを表示、→「マイピクチャースラ イドショー」または「マイピクチャースクリーンセーバー」を選択します。

  4. 「設定」ボタンをクリック、→「画像を変える頻度」「画像のサイズ」な どの設定、→「OK」ボタンをクリックします。→「画面のプロパティ」 に戻ります。

    「My Pictures」以外のフォルダに写真を保存した場合は 「参照」ボタン をクリック、→フォルダを指定します。

  5. 「待ち時間」を指定、→「OK」ボタンをクリックします。