65歳パソコン教師の日記 NO.1108(2003.5.4)


 一昨日はマガジンの配信予約を終えてからOSのクリーンインストールを 行いました。Cドライブに「Windows 2000」、Dドライブに「Windows XP」 をインストールしていますが、メインに使っているのは「Windows XP」の方 です。

 「Windows 2000/ XP」の場合は、バイオスでファーストブートドライブを CD−ROMに設定しておきます。電源を入れ、直ぐに「Windows XP」のC Dをセットして少し経つと、セットアップの青い画面が表示されます。

 今回の場合は、Dドライブのパーティションを一旦削除して、直ぐに同じ パーティションを作り、フォーマット→インストールと進みます。OSのイ ンストールは40分ほどで終わり、次にデバイスドライバのインストールに 2時間ほどかかりました。

 それからインターネットの接続設定、メール、アドレス帳、アカウントの インポートなどを終えて就寝、昨日の午前中は主だったソフトのインストー ルを行いました。

 ところが、ホームページのBGMなどは聞こえるのですが、テレビとビデ オの音声が全く聞こえません。キャプチャーボードを経由するもだけが聞こ えないのです。

 試しに、キャプチャーボードのサウンドアウトポートにスピーカーのケー ブルを繋いでみると聞こえました。ということは、ケーブルかパソコンのイ ンポートに欠陥があるということです。

 ケーブルを別のものに変えてみましたが聞こえません。これで、パソコン のインポートの欠陥と判明しました。おそらく、OSかドライバのインスト ールに不具合があったのでしょう。

 また、OSのクリーンインストールからやり直しです。今回は「Windows 2000」を削除して、Cドライブに「Windows XP」をインストールしました。 結局、今朝までかけて主だったソフトのインストールまでを終え、問題のテ レビとビデオの音声は聞こえるようになりました。


【インターネット一時ファイル】

 ファイルのダウンロードや、ウィンドウズアップデートでダウンロードし ている最中に、通信状況の悪化などのトラブルが発生して、ダウンロードが 中断した場合、再度ダウンロードを試みても失敗してしまいます。

 これは、最初にダウンロードした不完全なファイルが「Temporary Intern et Files」フォルダに保存されており、再度ダウンロードする際に、この壊 れたファイルを読み出して使おうとするからです。

 このファイルを削除すれば、最初からダウンロードしますから上手くいき ます。「インターネットエクスプローラ」の「ツール」→「インターネット オプション」とクリック、→「全般」タブの「インターネット一時ファイル」 欄の「ファイルの削除」ボタンをクリックすれば「Temporary Internet Fil es」フォルダ内のファイルが削除されます。

 「インターネット一時ファイル」は、次回にアクセスした時に、ここから 読み出して表示するためのものです。ダウンロードをしなくても済みますか ら、速く表示できるというわけです。

 ところが、「インターネット一時ファイル」の量が多過ぎると、探し出す のに時間がかかります。まして、ADSL回線などの高速回線を使っている 場合、ダウンロードをした方が速いということになります。

 高速回線を使っている場合は「Temporary Internet Files」フォルダの許 容量を小さくしておきましょう。「インターネット一時ファイル」欄の「設 定」ボタンをクリック、→「使用するディスク領域」欄で設定します。

 Cドライブの空きが少ない場合は「フォルダの移動」ボタンをクリック、 →C以外のドライブを指定、→「OK」→「OK」→「OK」とクリックし ます。