65歳パソコン教師の日記 NO.1114 (2003.05.10)


 数日前のマガジンに、乾癬に効く石鹸がイスラエルにあると書きましたが、 中高年者には乾癬患者が多いので、多数の方からお問い合わせのメールを頂 きました。

 この石鹸を教えてくださった方は、ヘミングメイト会員でイスラエル在住 の萩原さんという方です。ホームページではイスラエルの特産品の販売もし ており、この「ジャミラ・オリーブ石鹸」もそのひとつです。私はこの石鹸 の到着を待ちかねているところです。

 萩原さんのホームページのURLです。イスラエルの興味ある記事が沢山 載っていますので、是非ご覧ください。

 http://homepage3.nifty.com/shokijun/


【リモートアシスタンスでトラブルを解消して貰う】

 「Windows XP」には、パソコンのトラブルや設定など、自分で解決できな い場合、パソコンに詳しい相手に自分のパソコンを遠隔操作で解決して貰う 「リモートアシスタンス」という機能があります。アシストをしてくれる相 手も「Windows XP」を使っていることが必要です。

 アシストを受けながら、文字で会話をすることができますし、マイクとス ピーカーがあれば音声で会話をすることもできます。

 「リモートアシスタンス」を受けるには、下記の設定を確認しておきます。

  1. 「スタート」ボタンをクリック、→「マイコンピュータ」を右クリック、 →「プロパティ」をクリックします。→「システムのプロパティ」が表示 されます。


  2. 「リモート」タブを開き、→「このコンピュータからリモートアシスタン スの招待を送信することを許可する」にチェック付けます。


  3. 「詳細設定」ボタンをクリック、→「このコンピュータがリモートで制御 されるのを許可する」にチェック付けます。


  4. 「OK]→「OK」とボタンをクリックします。

     準備が整ったら、下記の操作へ進みます。


  1. 「スタート」→「ヘルプとサポート」→「リモートアシスタンスで友人を 招待し、友人のコンピュータをこのコンピュータに接続する」→「友人を 招待する」とクリックします。


  2. 「サインイン」ボタンをクリック、→「メールアドレス」と「パスワード」 を入力、→「OK」ボタンをクリックします。


  3. 「Outlook Express」 欄にサポートをして欲しい相手のメールアドレスを 入力、→「この人を招待する」をクリックします。


  4. ※「アドレスブック」をクリックして「アドレス帳」から選択することも できます。

  5. 「メッセージ」欄にメッセージを入力、→「続行」ボタンをクリックしま す。


  6. ※「E.」でパスワードを使用する場合は、入力欄にパスワードを記入して おきます。セキュリティが心配なら、別メールや電話などで知らせます。

  7. 招待を有効にしておく時間を指定、→「受信者にパスワードの使用を要求 する」にチェックを付け、→パスワードを入力、→「招待の送信」→「送 信」とボタンをクリックします。


  8. ※「受信者にパスワードの使用を要求する」のチェックをはずした場合は パスワードの入力は不要です。

  9. 「招待は正常に送信されました」と表示されます。


  10. 相手は受信したメールを開き、→添付ファイルをダブルクリックで開き、 →パスワードを入力、→「はい」ボタンをくりっくします。


  11. 「友人にこの画面を表示することを許可しますか?」と表示されます。→ 「はい」ボタンをクリックします。


  12. 相手のデスクトップにこちらのデスクトップが表示されます。→相手はツ ールバーの「制御」アイコンをクリックします。


  13. 「お使いのコンピュータの制御を「相手名」が共有できるようにしますか」 と表示されたら、→「はい」ボタンをクリックします。





 サポートしてくれる相手が 「Windows Messenger」にサインインしている 場合は簡単です。

 メニューバーの「操作」→「リモートアシスタンスを要求」とクリック、 →相手を選択、→「OK」ボタンをクリックするだけです。




  • ヘミングパソコンのユーザーの方には、メール・ファックス・電話でサポ ートをしていますが、ご希望の方には「リモートアシスタンス」でのサポ ートもご利用いただけます。