65歳パソコン教師の日記 NO.1138 (2003.06.08)


【デュアルブート】

 「Windows XP」を使いたいけれど、使っているハードやソフトが対応して いないという場合は「デュアルブート」という方法があります。

 「Windows 98」や「Windows Me」などのOSがCドライブにインストール されているCドライブ以外に「Windows XP」をインストールします。

 1台のハードディスクでも、パーティションで複数のドライブに分割して あればOKです。 「Windows XP」をインストールしただけで「1.5GB」ほど 使いますから、アプリケーションソフトのインストールを考えると、ドライ ブのサイズは最低でも「5GB」は必要です。

 ここでは、Cドライブに「Windows 98」がインストールされており、Dド ライブに 「Windows XP Home Edition」をインストールするということでご 説明します。

  1. Dドライブに保存されているフォルダとファイルを他のドライブへ移動し て空にしておきます。


  2. 「Windows 98」を起動、→「Windows XP」のCD−ROMをセットします。 →「実行する操作の選択」画面が表示されます。


  3. 「Windows XP をインストールする」をクリックします。 →「Windows セ ットアップ」画面が表示されます。


  4. 「インストールの種類」欄で「新規インストール(詳細設定)」を選択、 →「次へ」ボタンをクリックします。→「セットアップオプション」画面 が表示されます。


  5. 「詳細オプション」ボタンをクリックします。→「詳細オプション」画面 が表示されます。


  6. 「セットアップ中にインストールドライブ文字とパーティションを選択す る」にチェックを付け、→「OK」ボタンをクリックします。


  7. 画面の表示に従って操作を進め、インストールの準備は整うと再起動され、 黒い「オペレーティングシステムの選択」画面が表示されます。


  8. 矢印キーを使って「Microsoft Windows XP Home Edition セットアップ」 を選択、→「Enter」キーを押します。→セットアップが開始されます。


  9. 画面の表示に従いキーボードの種類などを設定後、青い「Windows XP Hom e Edition セットアップ」画面が表示されます。


  10. 矢印キーを使って「D:パーティション」を選択、 →「Enter」キーを押し ます。→フォーマットの種類の選択画面が表示されます。


  11. 矢印キーを使って「NTFSファイルシステムを使用してパーティションをフ ォーマット」を選択、→「Enter」キーを押します。 →フォーマットが行 われます。

     ※「NTFS」でフォーマットされたドライブは「Windows 98」側から認識さ
      れません。「Windows 98」側から見えるようにする場合は「FAT ファイ
      ルシステムを使用してパーティションをフォーマット」を選択します。


  12. フォーマットが完了すると、引き続き「Windows XP」のインストールが行 われます。

  13. インストールが完了すると再起動され、→「オペレーティングシステムの 選択」画面が表示されます。→矢印キーを使って起動するOSを選択、→ 「Enter」キーを押します。

     ※この画面は起動する度に表示されます。初期設定では何もしないと30
      秒後に既定のオペレーティングシステムが起動します。


【既定のオペレーティングシステムと表示時間の変更】

 既定のオペレーティングシステムを「Windows XP」に、表示時間を「10 秒」に変更してみましょう。

  1. 「Windows XP」を起動、→「スタート」ボタンをクリック、→「マイコン ピュータ」を右クリック、→「プロパティ」をクリックします。


  2. 「詳細設定」タブを開き、→「起動と回復」欄の「設定」ボタンをクリッ クします。


  3. 「既定のオペレーティングシステム」欄で「Windows XP Home Edition」 を選択、→「オペレーティングシステムの一覧を表示する時間」欄を「10 秒」にして、→「OK」→「OK」とボタンをクリックします。


  4. ■ハードディスクをすべてフォーマットして、新規に「Windows 98」と「Wi
     ndows XP」をインストールする場合は、先に「Windows 98」をインストー
     ルしなければなりません。これは「Windows 98」や「Windows Me」にはブ
     ート機能がないためです。