65歳パソコン教師の日記 NO.1181(2003.8.3)


【CGIのパーミッション】

 普通のホームページ用ファイルは、サーバーのディレクトリへアップロー ドするだけでOKですが、CGIの場合は少々面倒です。画像ファイル以外 は「アスキーモード」でアップロードします。アップロードしたファイルや ディレクトリには「パーミッション」の設定をしなければなりません。

 「パーミッション」とは、それぞれのファイルに与える権限のことで、3 桁の数字で表します。左からオーナー、グループ、その他の順です。例えば 「705」なら、「7」がオーナー、「0」がグループ、「5」がその他、という ことです。

 パーミッションは「rwx---r-x」のように表示することもあります。左から 3文字ずつ、「オーナー」「グループ」「その他」です。

 許可する権限は下記の3種類です。

 呼出(read) r=4
 書込(write) w=2
 実行(exectiv) x=1

 全ての権限を許可する場合は 4+2+1=7 で「7」となります。
 呼出と書込を許可する場合は 4+2=6 で「6」となります。
 呼出と実行を許可する場合は 4+1=5 で「5」となります。
 呼出だけを許可する場合は「4」となります。
 書込と実行を許可する場合は 2+1=3 で「3」となります。
 書込だけを許可する場合は「2」となります。
 実行だけを許可する場合は「1」となります。
 全てを許可しない場合は「0」となります。

 この「0」から「7」までの数字を、「オーナー」「グループ」「その他」 の順に並べます。

 では、フリーソフトの 「FFFTP」を例にパーミッションの設定をご説明し ます。

  1. 右欄のアップロードしたファイルを右クリック、→「属性変更」をクリッ クします。→(属性の変更ダイアログが表示されます)

    ディレクトリ(フォルダ)にも同じようにパーミッションの設定をします。

  2. 「Delete」キーを押して「現在の属性」欄に表示されている数値を削除し ます。

  3. キーボードから3桁の数値を半角で入力、→「OK」ボタンをクリックし ます。

    入力する数値が分らない場合は、「オーナー」「グループ」「その他」の、 それぞれの「呼出」「書込」「実行」のチェックボックスをオン・オフに してもOKです。

 「パーミッション」を理解出来たら「KENT-WEB」などのCGIを使って、 自分だけの特色ある掲示板やチャットルームを作ることが可能です。