65歳パソコン教師の日記 NO.1195 (2003.08.18)


 私は日頃から、ハードディスクはパーティションに分割し、Cドライブは OSとアプリケーションソフトのインストールのみに使うよう、お勧めして います。その上で、CドライブのリカバリーCD(DVD)を作成しておけ ば、トラブルが発生したり起動できなくなった場合に、簡単に復元すること が出来ます。

 Cドライブにデータファイルを保存してはいけないのは、リカバリーを実 行すると、リカバリーCD(DVD)を作成した時点に復元されてしまうか らです。リカバリーCDを作成した後に上書き保存したファイルは以前の状 態に戻り、新規作成したファイルは消えてしまいます。

「Outlook Express」のメールデータの保存場所はCドライブになっていま すから、これも他のドライブに変更しておきます。「ツール」→「オプショ ン」とクリック、→「メンテナンス」タブを開き、→「保存フォルダ」ボタ ンをクリック、→「変更」ボタンをクリック、→保存するフォルダを指定、 →「OK」→「OK」→「OK」とボタンをクリックします。

 Windows Me/XP には「システムの復元」機能がありますが、あまり過信し てはいけません。あるべき復元ポイントがなかったり、復元に失敗すること も度々あります。私はCドライブのリカバリーDVDを作成していますから、 この機能を無効にしています。

  • 「Windows XP」で「システムの復元」を無効にする


    1. 「スタート」ボタンをクリック、→「マイコンピュータ」を右クリック、 →「プロパティ」をクリックします。→(システムのプロパティが表示さ れます)


    2. 「システムの復元」タブを開き、→「すべてのドライブでシステムの復元 を無効にする」にチェックを付け、→「OK」ボタンをクリックします。


    ドライブ単位で無効にする場合は「利用可能なドライブ」の一覧でドラ イブを選択、→「設定」ボタンをクリック、→「このドライブのシステ ムの復元機能を無効にする」にチェックを付け、→「OK」ボタンをク リックします。


    この画面で、システムの復元に使用するディスク領域を変更出来ます。


  • 「Windows Me」で「システムの復元」を無効にする


    1. デスクトップの「マイコンピュータ」を右クリック、→「プロパティ」を クリックします。→(システムのプロパティが表示されます)


    2. 「パフォーマンス」タブを開き、→「ファイルシステム」ボタンをクリッ クします。→(ファイルシステムのプロパティが表示されます)


    3. 「トラブルシューティング」タブを開き、→「システムを復元しない」に チェックを付け、→「OK」→「OK」とボタンをクリックします。


システムの復元に使用するディスク領域の変更は「ハードディスク」タ ブを開いて行います。