65歳パソコン教師の日記 NO.1211 (2003.09.06)


 冷夏の八月でしたが、九月に入ってからは猛暑が続いています。今朝の神 奈川も快晴です。今日も暑くなることでしょう。

 北太平洋をヨットで単独横断し、その後6年間南太平洋を航海して一昨年 帰国した私の実兄は、昨年の2月からヨット雑誌「舵」に航海記を連載して いましたが、10月号(9月5日発売)で執筆が終わったそうです。

 昨日、その兄がヘミングメイトへに入会しました。10月25日の東京オ フ会にも参加するそうです。数日前、私が作ったパソコンを届けた効果があ ったようで、ADSLの申し込みも済ませ、毎日パソコンを楽しんでいるそ うです。

 「舵」に連載された航海記「その先の海」は下記のホームページで読むこ とが出来ます。かなりの長編ですよ。

 http://www.zen-nishikubo.net/

 さて、私が高校生の時に二ヶ月間過ごした大分県蒲江町で親友になり、そ の後40数年間音信不通だった友を、大分の「No710 IZARRAさん」が探し出 してくれたことをマガジン(No.910)に書きましたが覚えていますか?

 直ぐにも会いに行きたかったのですが、オフ会でもなければ数日間も家を 留守にすることは出来ません。九州でオフ会が開催されたら、大分へ廻って 会いに行こうと考えていたのですが、実現しないまま一年が経とうとしてい ます。

 その友人がインターネットを始め、昨日初めて彼からのメールが届きまし た。私の勧めで彼も昨日ヘミングメイトに入会しました。昨年、48年ぶり に彼の声を電話で聞いたのは奇しくも昨年の今日9月6日でした。


【Temporary Internet Files】

 「Temporary Internet Files」フォルダにはアクセスしたホームページの ファイルが保存されています。ホームページ本体の「html」、画像の「gif」 や「jpeg」、サウンドの「mid」、Java Applet の「class」ファイルなどで す。

 これらのファイルは「インターネットキャッシュ」といい、再度同じホー ムページへアクセスした際に呼び出されて画面に表示されます。インターネ ットからダウンロードしなくても良いのです。アナログやISDN回線の時 代は役に立ったものです。

 ところが、ADSLやFTTHなどの高速回線が一般的になった現在は、 インターネットからダウンロードする時間は瞬時です。コンピュータと雖も 「インターネットキャッシュ」の容量が大きいと、探し出すのにかえって時 間がかかってしまいますし、ハードディスクの無駄使いでもあります。

 初期設定では「Temporary Internet Files」フォルダの容量は、ハードデ ィスクの容量に比例して決められています。大容量ハードディスクの場合は かなりの容量になっています。この容量は「100MB」もあれば充分です。

  1. 「ツール」→「インターネットオプション」とクリック、→「全般」タブ の「インターネット一時ファイル」欄の「設定」ボタンをクリックします。


  2. 「使用するディスク領域」で容量を指定、→「OK」→「OK」とボタン をクリックします。


Cドライブの空き領域が少ない場合は、フォルダを他のドライブ(パー ティション)に移動することも出来ます。「フォルダの移動」ボタンを クリック、→移動先を指定、→「OK」→「OK」→「OK」とボタン をクリックします。