65歳パソコン教師の日記 NO.1214 (2003.09.10)


 最近は日本でも英語が日常使われることが多くなりました。特にコンピュ ータではほとんどが英語です。学生時代が戦時中だった年代の人は、英語を 学ぶことが出来なかったのですから苦手な人が多いですね。

 カタカナ英語が日本語の一部になっていますが、スペルを正確に覚えてい る人は少ないです。私はパソコンの傍にはいつも英和辞書を置いておき、分 からない時は直ぐに辞書を引くようにしています。

 「Windows XP」の「IME 2002」には「カタカナ英語辞書」があり、カタカ ナ英語を入力して変換キーを押すと、変換候補に英語が表示されます。これ を使えばスペルを間違うことはありません。

 例えば「ぱそこん」と入力して変換キーを2回押すと、変換候補の中には 「personal computer」「PERSONAL COMPUTER」「Personal Computer」 など があります。

 この「カタカナ英語辞書」を使うには「言語バー」の「プロパティ」をク リック、→「辞書/学習」タブを開き、→「システム辞書」一覧の「Micros oft IME カタカナ英語辞書」にチェックを付け、→「OK」ボタンをクリッ クします。

 面白いことには「うぃるす」や「びーるす」と入力すると 「virus」と変 換出来ますが、正しい英語の発音に近い「ばいあらす」や「ヴぁいあらす」 と入力しても駄目なのです。

 和製英語の「ないたー」を入力すると正しい英語「night game」に変換で きます。

 パソコン用語の「プロパティ」とはどんな意味だろう?と思ったら「ぷろ ぱてぃ」と入力して変換すると「property」とスペルが分かります。英和辞 書で「property」を引くと意味が分かります。

 パソコン用語なら「ヘミングのパソコン用語集」を見た方が早いですね。 数百ページもあるパソコン用語集です。SALTYへアクセス、→右側のグ リーンの「サイトマップ」ボタンをクリック、→「その他」の「パソコン用 語集」をクリックするとダウンロード出来ます。

 http://www.salty1.com/

 ダウンロードした 「terms.exe」ファイルは自己解凍形式で圧縮してあり ますから、ダブルクリックすると解凍されます。