65歳パソコン教師の日記 NO.1239 (2003.10.08)


 昨日のマガジンで「アプリケーションとレジストリ」の関係について書き ました。他のパソコンにインストールしたアプリケーションをフォルダごと 新しいパソコンにコピーしても駄目だということです。

 次のようなご質問を頂きました。「他のパソコンのCドライブにOSとア プリケーションをインストールしている場合、Cドライブをそっくりコピー するか、ハードディスクを新しいパソコンに乗せ換えたらどうでしょうか?」

 これも駄目なのです。パソコンによってマザーボードやデバイスが異なり ますから、バイオスの設定やデバイスドライバを更新インストールしなけれ ばなりません。 まして、古いパソコンが「Windows 98/Me」で、新しいパソ コンが「Windows 2000/XP」なら、他にも色々な問題が発生します。

 ここで「Windows」の起動プロセスを書きましょう。

  1. パソコンの電源を入れる。


  2. バイオスが起動して、→メモリチェック、起動デバイスの選択、CPUや メモリの動作設定、グラフィックボードの優先設定などが行われます。


  3. ハードディスク内のマスターブートレコード(MBR)を確認します。


  4. マスターブートレコードは、ハードディスクの先頭セクタにあるパーティ ションに属さない領域で、各パーティションの情報や起動ドライブの設定 が保存されています。

  5. ブートセクタとカーネルローダーで、カーネル(ウィンドウズの本体)を 起動する準備を行います。


  6. 「Windows 95/98」の場合は、ブートセクタとカーネルローダーの間に MS-DOS の起動処理が行われます。

  7. カーネルが起動、→ドライバソフトの初期化、DLLファイルやサービス などの読み込みが行われ、ログオン画面が表示されます。


  8. デスクトップが表示され、→常時起動アプリケーションの起動が行われま す。


  9.  このように、最初にバイオスが起動しますが、古いパソコンと新しいパソ コンでは、バイオスのメーカーやバージョン、および設定が異なりますから、 最初から躓いてしまいます。OSもアプリケーションも正規の方法でインス トールすることが必要です。