65歳パソコン教師の日記 NO.1257 (2003.10.30)


 このマガジンでは、ライティングソフト「B's GOLD」を使って「リカバリ ーCD」を作成する方法を度々書きましたが、これに関して読者の方からご 質問がありました。3年前に買った「Windows Me」パソコンに内蔵されてい る「CD-R/RW」ドライブに付属していた「B's GOLD」を使っていますが、 こ のソフトでも可能ですか?」ということです。

 残念ですが古いバージョンでは作成できません。たしか「B's GOLD 5」か ら可能になったはずです。それでは新しい「B's GOLD」を買ってきますとい う返事です。「B's GOLD 7 Basic」の価格を調べてみると \4,380 でした。

 ここで「CD-R/RW」ドライブの話をしましょう。この方の「CD-R/RW」ドラ イブの「CD-R」書き込み速度は4倍速だそうです。 私も4倍速「CD-R/RW」 ドライブを使っていたことがありますが、書き込みにはかなりの時間がかか りますし、バッファアンダーランエラーが頻発してメディアをずいぶん無駄 にしました。

 現在販売されているパッケージに入った「CD-R/RW」ドライブは、 52倍 速がありますから、3年間で13倍も速くなったのです。価格は \8,000 く らいからあります。

 これらのドライブにはライティングソフトが付属しています。勿論、前出 の「B's GOLD 7 Basic」が同梱されているものもあります。このソフトを買 ったと考えれば、52倍「CD-R/RW」ドライブの価格は \3,620 です。 ソフ トよりドライブの方が安いということになりますね。

 ハードには「バルク品」というものがあるのはご存知ですね。メーカー製 パソコンに組み込むためのものが外部に出回ったものです。「パッケージ品」 との違いは、箱に入っていないこと、メーカーのサポートを受けられないこ とだけです。勿論、保障期間中に欠陥による故障が起きた場合は、無償修理 や交換に応じて貰えます。

 ハードの故障は保障期間が過ぎてから起きることが多いですね。2年ほど 前に、 先に書いた4倍速「CD-R/RW」ドライブをメーカーに修理に出しまし たが、 修理費が \30,000 以上かかるということでした。当時は、24倍速 がその半額ほどで買えましたから、廃棄して貰いました。

 先日、パーツショップで「B's GOLD 7 Basic」が付属している52倍速の 「CD-R/RW」ドライブを \5,980 で買って使っています。 ソフト代を引くと 僅か \1,600 が「CD-R/RW」ドライブの価格ということですね。

 私は既製品のパソコンにはあまり興味はありませんが、パーツ専門店回り をするのが好きです。新しいパーツは先ずパーツ専門店に並び、2〜3ヶ月 経ってからメーカー製のパソコンに組み込まれます。パーツ専門店回りは最 新の情報を得る場でもありますし、掘り出し物に出会う場でもあります。




  • 26日のマガジンに、一般電話からIP電話へ全国どこからでも3分8円 でかけられるようになったと書きましたが、私が利用している「ニフティ」 の場合は3分10円80銭だそうです。