62歳パソコン教師の日記 NO.126 (2000.4.30)


最近は CD-R に写真集などを焼いて作成する人が多いようです。その場合、CD-R をセットするとオートスタートした方がスマートですね。 最初のページが自動表示されたら、後はタグの記述で次々とページを表示させることは簡単ですね。

オートスタートは CD-R の最上階層に [Autorun.inf]というファイルを入れておくと可能です。[Autorun.inf] ファイルは、メモ帖に次ぎのように記述して保存します。

【"abc.exe" という実行ファイルをオートスタートさせる場合】

[autorun]
open=abc.exe

【"index.html" というファイルをブラウザでオートスタートさせる場合】

[autorun]
open=start index.html

【マイコンピュータやエクスプローラで独自のアイコンを表示させる場合】

[autorun]
open=start index.html
icon=abc.ico

【"Browsexe.exe" を使う場合】

上記の方法の場合、CD-R をセットすると、オートスタートの前に MS-DOS の画面が一瞬表示され、ちょっと格好が悪いのです。

[Browsexe.exe] という実行ファイルを [Autorun.inf] ファイルと一緒に入れておくと、この問題は解決します。このファイルはフリーソフトで、下記のサイトからダウンロードできます。

http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se086348.html

この場合の [Autorun.inf] の記述は次ぎのようにします。

[autorun]
open=Browsexe.exe index.html
icon=abc.ico