65歳パソコン教師の日記 NO.1262(2003.11.5)


【Windows XP/2000 の起動ディスク作成】

 「Windows XP/2000」のCD−ROMから起動できますが、 これはOSの インストール専用ですから、バイオスのアップデートなどのためには使えま せん。起動ディスクはぜひ作成しておきましょう。

 No.1147/1148 で「Windows XP/2000」の起動ディスクを作成する方法を書 きましたが、もっと簡単な方法をご紹介します。

■Windows XP

  1. 「Windows XP」を起動、→フォーマット済みのフロッピーディスクをセッ トします。

  2. 「マイコンピュータ」または「エクスプローラ」で「3.5 インチFD」を 右クリック、→「フォーマット」をクリックします。

  3. 「フォーマットオプション」欄の「MS-DOSの起動ディスクを作成する」に チェックを付け、→「開始」ボタンをクリックします。→(起動ディスク が作成されます)

■Windows 2000

  1. 「Windows 2000」を起動、→「Windows 2000」のCD−ROMとフォーマ ット済みのフロッピーディスクをセットします。

  2. 「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」 とクリックします。

  3. プロンプト(C:\>)に「Q:」と入力、→「Enter」キーを押します。 →(プ ロンプトが(Q:\>)に変わります。

    ※CD−ROMドライブが「Q」の場合です。

  4. プロンプトに「CD VALUEADD\3RDPARTY\CA_ANTIV」と入力、→「Enter」キ ーを押します。→(プロンプトが(Q:\VALUEADD\3RDPARTY\CA_ANTIV>)に変 わります。

  5. プロンプトに「MAKEDISK A:」と入力、→「Enter」キーを押します。 →(起動ディスクが作成されます)

    ※フロッピードライブが「A」の場合です。

  6. プロンプトに「EXIT」と入力、→「Enter」キーを押します。 →(コマン ドプロンプトが終了します)

  7. 作成された起動ディスクの中の「AUTOEXEC.BAT」を右クリック、→「編集」 をクリックします。→(メモ帳が起動して表示されます)

  8. 最初の2行を残し、他の行をすべて削除します。

    @echo off
    prompt $p$g

  9. 「ファイル」→「上書き保存」とクリック、→「メモ帳」を閉じます。

起動フロッピーディスクで起動するには、バイオスの「ファーストブート ドライブ」が「フロッピードライブ」になっていることが必要です。