65歳パソコン教師の日記 NO.1269(2003.11.14)


【最大化サイズウインドウで起動する設定】

 アプリケーションのショートカットをクリックすると、初期設定では標準 サイズウインドウで起動します。エクセルやペイントなどは最初から最大化 サイズで起動した方が便利ですね。

 ショートカットを右クリック、→「プロパティ」をクリック、→「実行時 の大きさ」欄のドロップダウンリストの「最大化」を選択、→「OK」ボタ ンをクリックします。

 アプリケーションを起動してもタスクバーに入ってしまい、ウインドウが 表示されないことがあります。これは、「実行時の大きさ」欄が「最小化」 になっているためです。

【標準サイズで起動した時の大きさを決める】

 標準サイズとは、ドラッグしてウインドウのサイズを変更できるものです。 標準サイズで起動した場合のサイズを指定するには、ウインドウをドラッグ して好みのサイズに変更、→「Ctrl」キーを押しながらウインドウを閉じま す。次回からそのサイズで起動します。

【標準サイズウインドウが大き過ぎて画面からはみ出した場合】

 標準サイズウインドウを最大化サイズよりも大きくし過ぎて、スクロール バーや閉じるボタンが隠れてしまうことがあります。このような場合は「タ イトルバーをドラッグしてウインドウの端を出し、ドラッグして小さくしま す。

【ウインドウが上方に上がり過ぎてタイトルバーが隠れてしまった場合】

 アプリケーションのウインドウが何かの拍子に画面の上方にはみ出してし てタイトルバーが見えない場合、ドラッグでウインドウを移動することがで きません。

 そのアプリケーションのアイコンがタスクバーにありますから、それを右 クリック、→「移動」をクリック、「↓」矢印キーを押して下方へ移動でき ます。