65歳パソコン教師の日記 NO.128(2003.12.06)


 今日は十月に開催された東京オフ会の幹事さんたちと、反省会を兼ねた食 事会がありました。朝の内にパスワード発行やバックナンバーのアップロー ドを終え、車で迎えに来てくれた「ちぼさん」と「まめわんさん」と銀座へ 向かいました。

師走の銀座は大変な人出で、有楽町駅の宝くじ売り場には長蛇の列ができ ていました。今日の会場は銀座3丁目の有名な中華レストランでした。私た ちは12時に到着、「水仙さん」「澤田さん」「めんめさん」たちも相次い で到着しました。50日ぶりの再会です。

あいにく「りーすけさん」は都合で参加できませんでしたが、その旨を伝 えに有楽町まで来てくださったそうです。「りーすけさん」とは東京オフ会 の夜に同じ部屋に泊まった仲なので、お会いできなかったのは残念でした。

料理は美味しく大好評でした。予約がなければ駄目だというほどの人気の ある店だというのも頷けました。客のほとんどが女性客なのには驚きました。 女性は美味しいものを食べ歩くのが好きなのでしょうね。

師走で皆さんが忙しいので今回は二次会はなし、銀座で散会して車で送っ て貰い帰宅しました。私は6時から忘年会に出かけますので、その合間にこ のマガジンを書いています。いまだに次回のオフ会の話が出ないのはちょっ と淋しいですね。どなたか幹事役を名乗り出てください。 


  【インターネットキャッシュの自動削除】

「Temporary Internet Files」フォルダの中には、訪れたホームページを 構成するファイルが保存されています。次回、同じホームページを訪れた際 に、このフォルダの中にあるファイルを呼び出して表示します。

アナログやISDNなどの低速回線だけの時代、同じファイルをインター ネットからダウンロードするよりも速く表示することができたのですが、A DSLやFTTHなど高速回線の常時接続が普及した現在は意味がなくなり ました。

このフォルダで使用するディスク領域は「ツール」→「インターネットオ プション」とクリック、→「全般」タブの「インターネット一時ファイル」 欄の「設定」ボタンをクリックして変更できます。

設定したディスク領域によりますが、このフォルダには常に数千から数万 のファイルが保存されています。高速回線の場合は無駄にディスク領域を使 っていることになります。

さらに、ホームページが更新されていても、使われているファイル名とサ イズが同じ場合、フォルダに保存されたファイルが表示されてしまいます。 高速回線の場合は、ブラウザを閉じた時に「Temporary Internet Files」フ ォルダの中ファイルを自動的に削除する設定にしておくと良いです。

  1. ブラウザを起動、→「ツール」→「インターネットオプション」とクリッ ク、→「詳細設定」タブを開きます。

  2. 「セキュリティ」欄の「ブラウザを閉じたとき、「Temporary Internet F iles」フォルダをからにする」にチェックを付け、→「OK]ボタンをク リックします。