65歳パソコン教師の日記 NO.1292 (2003.12.10)


 昨日は横浜の宅建協会本部で会議があり、その後は忘年会でした。帰路は 大和市から参加した人の車に大和駅まで同乗させて貰い、そこからタクシー で帰宅しました。

 私が乗ったタクシーの運転手さんは女性でした。最近は女性のタクシー運 転手は珍しくありませんが、彼女は63歳ということでした。家で孫の守を していてもおかしくない年齢です。夜の街を颯爽と運転する彼女を見て、と ても頼もしく感じました。


 「Windows 95」が発売された当時のパソコンに搭載されているメモリ容量 は 8MB から 16MB でしたが、 最近は 256MB から 512MB が普通になりまし た。容量は32倍ですが価格は逆に安くなりました。

 パソコンをパワーアップするには、メモリの増設が最もコストパフォーマ ンスに優れていると言われてきましたが、256MB を超えるとあまり効果はあ りません。512MB と 1024MB の差はほとんどないと言っても良いくらいです。

 CPUでも同じことが言えます。最新の「Pentium4 3.2GHz」は「2.8CGHz」 より2万円以上も高いのですが、その性能差は体感できるほどの違いはあり ません。高ければ良いと言うのではなく、コストパフォーマンスを見極める ことが必要です。

 メモリやCPUの数値よりも、規格の違いを重視するべきです。メモリは 「DDR400(PC3200)」、CPUは「FSB800MHz」が最新規格です。 これまでの 「DDR333(PC2700)」や「FSB533MHz」と比べるとかなりの性能差があります。

 では、現在使用しているパソコンに最新規格のメモリやCPUを搭載でき るかというと否です。古いマザーボードはこれらの最新規格には対応してい ませんから、マザーボードを最新規格のものに交換することが必要です。

 先日、ソースネクストから「ウィルスセキュリティ2004」を購入し、既存 の「Norton Internet Security」をアンインストールしてからインストール をしたにも拘わらず、再起動を繰り返すトラブルが発生しましたが、現在は 正常に機能しています。

 再起動を繰り返すトラブルの原因がソースネクストのサポートページにア ップされました。複数のネットワークアダプタが存在することが原因だそう です。私のパソコンの場合は「LAN」と「IEEE 1394」が存在していますので、 使用していない「IEEE 1394」を無効にしています。

 「Norton Internet Security」の場合はセキュリティ関係機能の一部を無 効にしなければ、色々な不具合がありましたが、「ウィルスセキュリティ20 04」ではすべての機能を有効にしていても問題ありません。

 「\1,980」という安価ですが、ウィルス対策・不正侵入対策、個人情報漏 洩対策機能があり、他の高価なソフトに比べて遜色はありません。ソースネ クストがこれまで販売をしていた 「MacAfee」にはいろいろなトラブルがあ ったようですが、「ウィルスセキュリティ2004」はソースネクストの新しい オリジナル製品ということです。

 賢い消費者が望むのは安くて良い物です。今月25日までに購入すると、 1年間の有効期限+50日というサービスもあります。ダウンロード販売で すから是非お試しください。

 http://www.sourcenext.com/