65歳パソコン教師の日記 NO.1307(2003.12.28)


【MSN Messenger でビデオチャットをしましょう!】

 最近はほとんどの方がブロードバンド回線になり、ビデオチャットを楽し む人が多くなりました。ビデオチャットをするにはソフトとハードが必要で す。 専用ソフト「MSN Messenger 6.1」は下記のサイトからダウンロードで きます。

 http://messenger.msn.co.jp/

「MSN Messenger 6.1」を使うと無料でビデオチャットが可能です。しかも、 日本全国はもとより世界中がOKです。これを利用しない手はないですよ。 ただし、音声チャット、ビデオチャットは1対1です。文字チャットなら1 4人までが一緒に参加できます。

 必要なハードは、マイクとスピーカー、それにウェブカメラです。マイク とスピーカーが一体となったヘッドセットが便利です。これらすべてが5千 円以内で揃います。

 音声チャットの場合はヘッドセットだけでOK、千円台で買えます。文字 チャットはキーボードからの入力ですが、音声チャットは電話と同じです。 相手がウェブカメラを使っていれば、こちらにはなくても相手の映像を見る ことができます。

  1. 「メンバ」→「メンバの追加」とクリック、→「次へ」ボタンをクリック します。

    ※「Windows Messenger」の場合は「ツール」→「メンバの追加」です。

  2. .相手のメールアドレスを入力、→「次へ」→「完了」とボタンをクリック します。→(相手がメンバーに追加されます)

  3. 相手が「.NET Passport」を取得していない場合は 「次へ」→「次へ」→ 「完了」とボタンをクリックします。→(相手に「オンライン通信をしま しょう !」というメールが送信されます)

 相手が受信したメールから「MSN Messenger 6.1」をインストール、→ 「.NET Passport」を取得するとチャットに参加できます。


  【OSクリーンインストール後のメールデータの保存場所の変更】

 「No.1195」では「Outlook Express」のメールデータの保存場所をCドラ イブ以外に変更するようにお勧めしましたが、皆さんは実行していますか?

 メールデータの保存場所をDドライブに変更後、OSのクリーンインスト ールを行ったら、すべてのメールが消えてしまったというメールを頂きまし た。メールデータの保存場所の変更は、現在の場所から新しい場所へメール データを移動することです。

 パソコンの調子が悪くなった時の完璧な対処は、OSのクリーンインスト ールかリカバリーの実行です。これを実行した場合、メールデータの保存場 所はCドライブになってしまいますが、その保存場所にはメールデータはあ りません。

 メールデータをDドライブに保存していた場合、保存場所をそこに変更し なくてはなりません。しかし、いきなり保存場所を行うと、Cドライブのメ ールデータが入っていないファイルによって上書き保存されてしまいます。

 これは保存されていたメールデータがすべて消えてしまうということです。 メールデータの保存場所の変更を行う前に、これまでメールデータを保存し ていた場所からメールデータのインポートを行ってください。