65歳パソコン教師の日記 NO.1320 (2004.01.10)


【パソコンの熱と騒音】

 パソコンに熱は大敵です。電源、CPU、チップセット、グラフィックボ ードなどは高熱を発します。これを抑えるために冷却ファンが付いています。 パソコンケースにも外気を取り入たり排気をするファンが付いています。

 ケース内部の空間が少ないスリムタイプパソコンは高熱になり易く、ほと んど空間のないノートパソコンはかなりの高熱になります。CPUは高性能 になるほど発熱量が高くなりますので、これらのパソコンでは高性能CPU を使えない理由なのでしょう。

 パソコンには最低でも3〜4個のファンが付いています。これらのファン が常に回転しているのですから、ある程度の騒音は仕方ないのです。風量は ファンの大きさと回転速度によって異なります。しかし、冷却効果が高いフ ァンは騒音も高くなります。騒音が少ない静音電源、静音ファンもあります。

 最も熱に注意をしなければならないのはCPUです。高性能CPUほど高 温になります。加熱しすぎると熱暴走を起こし、場合によってはCPUが破 損してしまいます。最近はより冷却効果が高く、音の静かな水冷式のCPU 冷却装置も販売されています。

 普通のファンは常に一定速度で回転しています。温度が低い時はファンの 回転数を下げて騒音を低くするなど、温度によって回転数を調整する装置も 販売されています。

 騒音を抑える静音ケースもありますが、ケース本体だけでなく静音ファン を搭載しているのでかなり高価です。ケースの騒音を抑えるための小物もい ろいろあります。外部への騒音を抑えるための防音シートや、ケースの振動 音を抑えるための錘などです。

 ケースの吸気部分には埃が溜まり易いので、こまめに掃除をするともに、 ケースの後に空間を充分に取って、排気効率を高めることも必要です。騒音 よりも熱対策を優先するなら、ケースカバーを取り外して使う方法もありま す。これなら費用は一切掛かりませんね。




 数回にわたり、海外にお住まいの読者の皆さんから寄せられた情報をご紹 介してきましたが、移住先としての総合点が高いのは東南アジアでしょう。 中でもマレーシア、タイ、フィリピン、インドネシアが人気のようです。

 一年くらいは賃貸住宅に住んで、これなら大丈夫と判断してから家を購入 する。これは良いアドバイスですね。早速、ご夫婦でマレーシアへ下見に出 かける方もいらっしゃるそうです。夫婦で下見をすることは絶対必要ですね。


■No.1092 しょうきじゅんさん----------------------------------------

 イスラエル在住のしょうきじゅん♪です。イスラエルは老後を快適に過ご すための海外移住にはあまり向いているとは思えませんが、アメリカなどと は違った意味での移民の国ですのでいろいろな国の人がいます。

 エルサレムにはさまざまな国のクリスチャンなどがたくさん住んでいます。 もちろん日本人もいます。私はキブツと云うところにアパートを借りて住ん でいますが、ここにもドイツ人、イギリス人、ベルギー人、フィリピン人、 韓国人、日本人などがいます。妻の両親がこのキブツに住んでいるためここ を選びました。

 イスラエルといいますと日本ではテロで有名で自爆テロばかり起こってい るような印象があります。実際に自爆テロは起こっているのですが、年間の テロによる犠牲者は交通事故の犠牲者より少ないです。(あまり適当な比較 ではありませんが交通事故の犠牲者が三百数十人でテロの犠牲者は二百数十 人です)

 テロは繁華街やショッピングモールやパブ、映画館といった人が多いとこ ろが狙われますからくつろいで楽しめないという心理的なダメージ効果が大 きいですね。また実行されるテロは氷山の一角で多くのテロが未然に防がれ ています。

 収入に比較して物価は高いです。税金は高率で社会主義の国のようです。 例えば会社などに勤めている給与所得者は1万シェケル(約25万円)を越 えると50%の所得税が引かれ医療費などを引いた手取りは額面の40%ほ どになってしまいます。反面所得がその半分の5000シェケルほどですと 所得税などは少なくなり手取りで4000シェケルほどです。

 高い税率ですが、以前は福祉が充実していました。今は以前に比べると福 祉は後退したと云われています。よほどの高給取りでないと一人では家族を 支える給料を持ってくることができず、したがって共働きが基本です。で女 性が強くなります。

 家賃は居間、ダイニングキッチン、子供部屋、夫婦の寝室、シャワー、ト イレx2で500ドルほどです。テルアビブなどの都市では夫婦のみ対象の アパートで500ドル位します。子供もいると1000ドルくらいのアパー トが必要になるでしょう。

 教育費も安いとは言えません。幼稚園に子供を二人預けると一ヶ月で70 0ドルほどの出費となります。小学校も基本的に午後1時2時で終わり、共 働きの夫婦がそれ以降の時間子供を預ける教室は200ドルほど払わなけれ ばなりません。

 寿司や天ぷら焼き肉などの日本食は人気ですが高価です。そして高価な割 りにレベルは高くないですが、最近は日本の食材は簡単に手には入ります。 私の住んでいるキブツはテルアビブから40分ほど北に行った地中海に近い ところにありますが、一番近くのスーパーで味噌、醤油、冷凍のタコ、イカ、 エビなどが買えます。

 それからイクラやタラコまでおいてあります。これは東西冷戦の終結後ソ ビエトが崩壊してロシア人が移民として流入して食生活を持ち込んだためで す。豚肉や豚の肉のソーセージも以前より簡単に手にはいるようになりまし た。ちょっと大きなスーパーには寿司コーナーもあったりします。

 こうして書き進めていますとあまり明るい話題がないようにも感じられま すが、気候は温暖で人もあけっぴろげで親切です。現在は紛争続きで国の大 きな収入源の観光収入も著しく減少しハイテク産業も低調になりましたが、 なんとかなるだろといった感じでさほど深刻にもならず生活しているようで す。

 また、イスラエルを訪れた日本人の多くはテロだけではないイスラエルを みて見識を新たにしていくようです。簡単ですがこんなところで報告をおわ ります。




  • 「PC質問箱」へ入室する際に「ユーザー名」と「パスワード」の入力を 求められますが、「ユーザー名」欄には「ログインID」を入力してくだ さい。