65歳パソコン教師の日記 NO.1326(2003.01.16)


■昨日のマガジンの訂正です。

I.「↓」キーで「未使用の領域」を選択、→「C」キーを押し、 →表示され  た数値を「Delete」キーを押して削除、→「Num Lock」キーを押してから  「10240」と入力、→「Enter」キーを押します。→(20GBのCドライ  ブが作成されます)

 正:「Back Space」
 誤:「Delete」

 ※「Delete」キーでは削除できないのです。

 「どうして20GBなのに「10,280」なのですか?」というご質問があり ました。普通は1000倍すると、キロ→メガ→ギガとなりますが、コンピ ュータでは1024倍なのです。(20MBX1,024=20,480)

 例えば、80GBのハードディスクは、正確には74.5GBです。 メー カーでは1000倍で計算して「80,000,000,000B」を 80GBと表示して いるのです。


【ドライバのインストール他】

 「Windows XP」のインストールが完了したら、次はドライバのインストー ルですが、その前にADSL・FTTH回線のルーターを使用している場合 は、LANケーブルを繋いでおきます。

 マザーボードには、サウンド・LAN・USB・グラフィックなどの機能 が搭載されています。これらのドライバはマザーボードに付属のCD−RO Mに入っています。このCD−ROMにはドライバ以外にも、色々なユーテ ィリティソフトが入っていますから、必要に応じてインストールします。

 次に、装着したグラフィックボードやディスプレイ、プリンター、キーボ ード、マウスなど周辺機器のドライバをインストールします。ドライバはそ れぞれの機器に付属しているはずですが、「Windows XP」に対応していない 場合は、メーカーのホームページからダウンロードをしてインストールしま す。

 次は「Windows Update」をします。「スタート」→「すべてのプログラム」 →「Windows Update」とクリックします。ルーターを使用している場合は、 接続設定はルーターに保存されていますから、そのままインターネットに繋 がります。「重要な更新」はすべてインストールします。

 次はフォルダとファイルの表示方法の変更です。「エクスプローラ」また は「マイコンピュータ」を起動、→「ツール」→「フォルダオプション」と クリック、→「表示」タブを開き、→「すべてのファイルとフォルダを表示 する」にチェックを付け、→「登録されている拡張子は表示しない」のチェ ックを外し、→「OK」ボタンをクリックします。

 次はCドライブ以外のドライブをフォーマットします。「スタート」ボタ ンをクリック、→「マイコンピュータ」を右クリック、→「管理」をクリッ クします。→(「コンピュータの管理」ウインドウが表示されます)  左欄の「ディスクの管理」をクリック、→Dドライブ(パーティション) を右クリック、→「フォーマット」をクリック、→「OK」→「OK」とボ タンをクリックします。他のドライブも同じようにフォーマットします。

 以上で基本設定は完了です。次はアプリケーションソフトをインストール します。

 デュアルブートをする場合は、9X系OSを先にインストールし、後から 「Windows 2000/XP」などをインストールします。 バージョンアップではな く、新規インストールです。「Win 2000」と「Win XP」の場合は「Win 2000」 を先にインストールします。

 後からインストールしたOSを起動、→上記と同じようにドライバやアプ リのインストールを行います。