65歳パソコン教師の日記 NO.1351 (2004.02.15)


 明日は北朝鮮の金正日の誕生日だそうですが、国民が餓死をしている現状 を省みず、酒池肉林の贅沢をしている彼の言動は62歳にもなる国家元首と はとても思えません。国ぐるみで悪事を働いている様は、まるで暴力団の組 長そのものです。

 国家元首が愚か者であったり、悪人であった場合、その国民は筆舌では尽 せないほどの苦痛を味わいます。命を奪われたり、地獄のような収容所に入 れられたり、正に恐怖政治が行われるのです。

 暴力団は拳銃や刃物で脅しますが、北朝鮮は原爆やミサイルです。日本人 を拉致したことは犯罪で、金正日もそれを認めて謝罪したにも拘わらず、拉 致被害者を人質として日朝交渉の道具に利用しています。

 拉致された人々の失われた青春は戻りません。これ以上悪足掻きをして彼 らを苦しめないで欲しいものです。しかし、日本も先の戦争では朝鮮民族に 対してひどいことをしましたが、未だに賠償をしていません。

 日本は拉致問題を解決しなければ先へ進めないのではなく、拉致問題と一 緒に賠償の問題を話し合うべきではないでしょうか。両国政府とも国の面子 に拘わらず、国民のことを第一に考えて欲しいものです。


  【パルスマンについて】

 パソコンを使っていて注意するのはウィルスとバックアップでしょうね。 ウィルスはウィルスソフトをインストールしたり、プロバイダのウィルスチ ェックサービスをりようすればOKですが、バックアップには色々な方法が あります。

 データのバックアップなら、他のドライブにバックアップすればOKです が、OSが起動しなくなったり、トラブルが発生した時のために、起動ドラ イブをバックアップしておかなくてはなりません。

 一昨年秋から販売を始めた「パルスマン」のご注文が200個を超えまし た。私が「パルスマン」と出会い、読者の皆さんにご紹介しようと思ったの は、他のバックアップツールとは発想から異なる素晴らしいものだからです。

 普通のバックアップツールは圧縮して保存しますからそのスペースが必要 ですが、「パルスマン」は現在の状態を変更されないようガードするだけで すから一瞬でOKです。保存後の操作を別に保存していきますから、僅かな 空き容量があればOKなのです。

 復元は、保存後の操作を保存したデータを削除して、ガードを解除するだ けですから、これもあっという間です。普通のバックアップツールは数十分 から1時間もかかりますから、短時間で保存も復元もできるのはユーザーに とって有難いことです。

 しかし、簡単に保存と復元ができる反面、操作を間違うと大変なことにな ります。パソコンの調子が悪くなって、調子の良い状態に復元しようとして、 間違って「保存」ボタンをクリックしてしまうと、調子の良い状態が消えて 現在の悪い状態が保存されてしまいます。

 「パルスマン」を装着したパソコンで、アプリケーションソフト・ドライ バなどのインストール、Windows Update、スキャン・デフラグなどを行う場 合は「パルスマン」を「オープンモード」にしなければなりません。

 実は昨日、ヘミングパソコンを作成して発送する予定でしたが、起動に時 間がかかるようになり、完成するまでに今朝までかかってしまいました。私 は「オープンモード」にしないで「Windows Update」を行っていたからなの です。

 「オープンモード」にしないでアップデートをしたり、アプリケーション ソフトなどをインストールすると、起動時にこれを別に読み込むから起動に 時間がかかってしまうのです。

 「オープンモード」にしないでアップデートをしたり、アプリケーション ソフトなどをインストールした場合は、現在の状態を保存します。そうする と、それらが一体となってガードされますから、起動時間が短くなります。

 既に「パルスマン」を使用している人は「そんなことは当然だろ!」と言 われるでしょうが、私は昨日やっと気が付いた次第です。これではパソコン 教師失格ですね。とにかく「パルスマン」は素晴らしいバックアップツール です。

 「パルスマン」はマザーボードのPCIスロットに装着します。PCIス ロットに空きがなければ装着できません。