65歳パソコン教師の日記 NO.1355 (2004.02.19)


 今朝、早起きしたお陰で今日もマガジンを配信できました。昨日、ヘミン グPCの具合がおかしくなったということで、本体だけを送って貰うことに していたのですが、午前中に到着の予定が夕方になってしまいました。

 デフラグのフリーソフトを実行した後に起動しなくなったということです が、セットアップして電源を入れたのですが起動しません。CPU、メモリ、 グラフィックボードを交換してみましたが起動しません。

 最後の手段、マザーボードを交換しました。これは新しくパソコンを組み 立てる以上に手間がかかりますが、電源を入れると起動しましたから、マザ ーボードが原因だったことになりますね。

 取り外したマザーボードを他のパソコンに装着してみました。こちらも問 題なく起動しましたから、マザーボードの欠陥でもありません。これまで一 年ほど快調に動いていたのですから、パーツの相性の問題でもありません。

 このように、パソコンは不可解なことが起きます。順調に動いていたパソ コンが、何かの拍子におかしくなることがあるのです。無闇にフリーソフト をインストールするのはトラブルの原因になります。

 パソコンが起動するのなら、システムの復元で戻るのですが、起動しない のではOSのクリーンインストールをするしかありません。このような時の ために、リカバリーDVDを作成しておくことが必要ですね。リカバリーD VDさえあれば怖いもの知らずでパソコンを使えますよ。


【Windows XP のアクティベーション】

 「Windows XP」をインストールすると「アクティベーション」というライ センス認証を受けなければなりません。インターネットに接続すれば簡単に 認証されます。

Windows XP のシステムCD−ROMが付属していない(リカバリーC D−ROMが付属している) 既製品パソコンの場合はアクティベーシ ョンは不要です。


 認証の際に、アクティベーション情報を記録したファイル「C:\WINDOWS\s ystem32\wpa.dbl」が「マイクロソフト」へ送信されて保存されます。 この ファイルには、あなたのパソコンのハードウェア情報も記録されています。 また、このファイルには認証を受けた記録が書き込まれます。

 ところが「Windows XP」を再インストールする度に「アクティベーション」 を行わなければならず、ハードウェアに変更がある場合はインターネットで は認証されません。「マイクロソフト」の「アクティベーション」へ電話を かけ、通知されたキーを入力しなければなりません。

 前回送信されたハードウェア情報と異なると、他のパソコンに「Windows XP」をインストールしたと看做されるのです。そのために「マイクロソフト」 へ電話をかけ、口頭でハードウェアの増設や換装の説明をして了解されなけ ればならないのです。

 私は頻繁に「Windows XP」を再インストールしますし、ハードの増設や換 装も度々です。その都度電話で認証を受けるのは面倒ですし、まるで不正を 行ったように疑われるのは気分の良いものではありませんね。

 「Windows XP」を再インストールしても「アクティベーション」を受けな くても済む方法があります。ただし、この方法はハードウェアに変更がない 場合のみ有効です。

 「WindowsXP」を再インストールする前に「C:\WINDOWS\system32\wpa.dbl」 ファイルをフロッピーディスクにでもバックアップしておき、再インストー ル後にこのファイルを 「C:\WINDOWS\system32」フォルダ内に上書き保存す ればOKです。