66歳パソコン教師の日記 NO.1361(2003.02.26)


 「B's Recorder」などのライティングソフトを使えば、CDやDVDの複 製を簡単に作成することができます。しかし、市販やレンタルのビデオDV Dにはコピープロテクトされていますから、DVDにコピーすることは勿論、 ハードディスクに保存することもできません。

 リッピングソフトには色々ありますが、中には、コピープロテクトを解除 する機能を持った「DVD Decrypter」や「SmartRipper」などのリッピングソ フトもあります。「DVD Shrink」はコピープロテクトの解除とDVDに収ま る容量に圧縮してリッピングできるソフトです。

■「DVD Decrypter v3.1.9.0」のダウンロード

http://www.afterdawn.com/software/video_software/dvd_rippers/dvd_dec rypter.cfm

■「Smart Ripper v2.41」のダウンロード

http://www.afterdawn.com/software/video_software/dvd_rippers/smartri pper.cfm

■「DVD Shrink v3.1.6」のダウンロード

http://dvdshrink.org/

■「DVD Decrypter」と「SmartRipper」の日本語化パッチのダウンロード

http://www.neime-i.itss.ac/contents/bfact.html

 リッピングが完了すると、指定した場所に「VIDEO_TS」フォルダが作成さ れ、その中に「.VOB」「.IFO」ファイルなどが保存されています。これらの 総容量がDVDメディアに収まる容量なら「B's Recorder」などのライティ ングソフトで書き込みます。

 DVDメディアの容量は「4.7GB」ですが、実際に書き込めるのは「4.4GB」 弱です。僅かなオーバーなら、不必要なファイルは削除してリッピングしま す。

 ビデオ映画DVDは片面二層ですから、DVDの容量をオーバーしている ケースがほとんどです。このような場合は、1枚のDVDメディアに収まる ように圧縮して書き込むことができる「CloneDVD」などのソフトを使うと良 いでしょう。

 しかし、著作権法では、著作権物の家庭内における私的使用、複製は認め られていますが、コピープロテクトされたDVDを、コピープロテクトを解 除してコピーすることは違法とされています。

 違法とされるのは「コピープロテクトされている事実を知りながら行った 場合」だそうです。知らずにコピーした場合はOKなのでしょうか。現在、 市販やレンタルのビデオDVDにはコピープロテクトされているのが常識で すから無理でしょうね。