66歳パソコン教師の日記 NO.1375 (2004.03.14)


【キーボード・マウスが使用不能の場合】

 最近のキーボードやマウスには色々な便利な機能を備えています。これら を使用するにはドライバをインストールしなければなりません。

 「Windows XP」で、キーボードやマウスのドライバをインストールした後 に、起動はするけれどキーボードもマウスも使用できないことがあります。 このような場合は「回復コンソール」で修復を試みてください。

 「回復コンソール」を起動するには次の三つの方法があります。

  1. 予め「Windows XP」のシステムCD−ROMからハードディスクにインス トールしておく。(詳細は No.1297)


  2. マイクロソフトのウェブサイトからダウンロードして起動用FDを作成し ておく。(詳細は No.1147)


  3. 「Windows XP」のシステムCD−ROMから起動する。(青い画面が表示 されたら「R」キーを押すと「回復コンソール」が起動します。)


  1. 回復コンソールを起動、→プロンプトに「listsvc」と入力、→「Enter」 キーを押します。


  2. 表示されたリストの中の「i8042prt」が「無効」と表示されているかを確 認します。 「i8042」はキーボードと PS/2 マウスのドライバです。


  3. 「無効」と表示されている場合は 「enable i8042prt service_system_start」と入力、 →「Enter」キーを 押します。


  4. 「exit」と入力、→「Enter」キーを押して再起動します。


  5. 以上でキーボードが修復されない場合は、回復コンソールを起動、→プロ ンプトに「enable kbdclass service_system_start」と入力、→「Enter」 キーを押します。


  6. マウスの場合は「enable mouclass service_system_start」と入力、→ 「Enter」キーを押します。