66歳パソコン教師の日記 NO.1388(2003.03.30)


 昨日は、プロバイダーや受信した人から「私からウィルスメールが送信さ れてきた」というメールが一気に増えて100通以上も届きました。メール アドレスに私のドメイン「salty1.com」が使われているということです。

 最近のウィルスは送信者名や送信者アドレスを偽って送信しますから、こ れで送信者と判断することはできません。私宛に届くウィルスメールも半数 以上は知人のアドレスが使われています。

 送信に使われたアドレス宛てに抗議や注意を促すメールを送信するのは見 当外れの行為ですし、ますます混乱させるだけですのでやめましょう。

●「ベーグル・ユー」(W32.Bagle.U.IWorm)

 このウィルスは拡張子(.EXE)の添付ファイル付きメールとして送信されま す。送信者名を偽装して送信しますから、送信者が知人の場合でも注意が必 要です。

 このウィルスに感染すると、送信者名を偽装してパソコン内のアドレス宛 てウイルス添付ファイル付きメールを無断送信します。バックグラウンドで 送信され、送信済みアイテムにも残りませんから、感染していることに気が 付きません。

 これだけウィルスメールが蔓延しているのは、ウィルス対策をしていない 人がまだいるということです。ウィルスソフトをインストールしているだけ では安心できません。アップデートとウィルスチェックは頻繁に行ってくだ さい。

 ウィルスメールの送信者名、件名は半角英数字がほとんどですが、文字化 けした全角文字もあります。このような添付ファイル付きメールは開かずに 削除します。また、メールを送信する場合は、送信者名と件名は日本語を使 うようにしましょう。

 送信者名の変更は、「ツール」→「アカウント」とクリック、→「メール」 タブを開き、→アカウントを選択、→「プロパティ」ボタンをクリック、→ 「全般」タブの「ユーザー情報」欄の「名前」欄を変更、→「OK」→「閉 じる」とボタンをクリックします。