66歳パソコン教師の日記 NO.1401(2003.04.13)


【Bart's PE Builder】

「Windows XP」をインストールすると、それだけで「1.5GB」ほどもありま すから、これをCDに入れることはできませんが、「Windows XP」の最低限 の機能だけならCDに入ります。

 普通はCドライブにインストールされたOSが起動しますが、CDにイン ストールしたOSを起動して、ハードディスクのファイルを操作することが できます。

 リムーバブルケースはご存知ですね。複数のハードディスクにそれぞれ異 なるOSをインストールしてリムーバブルケースに収め、これを交換すると 1台のパソコンで複数のOSを使うことができます。このハードディスクの 代わりにCDを使うのです。

 これを可能にするのが 「Bart's PE Builder」というフリーのツールです。 「PE」は「Preinstall Enviroment」の略ですから、 インストール済み環境 を構築するという意味なのでしょうか? このツールは「Windows XP」の他 に「Windows 2000」でもOKです。

 パソコンを起動するだけの単なる起動ディスクとは異なり、CDにインス トールされた「Windows XP」が起動します。 「Bart's PE Builder」は、こ の最低限の機能をインストールしたCDを作成できるのです。

 必要なものは、OSのセットアップCD−ROM、CD−Rに書き込むた めのCD−RWドライブとライティングソフトです。また、バイオスでファ ーストブートドライブをCD−ROMドライブに設定しておくことも必要で す。

 「マイクロソフト」には開発者用の「Windows PE」という製品があります が、一般の人は入手できません。この「Windows PE」と同じようなものを作 ることができるのが「Bart's PE Builder」です。

 「Bart's PE Builder 3.0.32」は下記のサイトからダウンロードできます。

 http://www.nu2.nu/pebuilder/

「Bart's PE Builder」の魅力は、プラグインで機能を拡張できることです。 このツールは英語版ですが、これを日本語環境にするプラグインなどがあり ます。次の4個のプラグインは下記のサイトからダウンロードできます。

 pe_jp207.zip
 explorer_ie_ver39.zip
 enable_shutdown.zip
 fix_net_ver3.zip 

 http://popup3.tok2.com/home2/waaaamc/

 すべてのドライブを表示したり、作成したファイルをそこに保存したり削 除することは可能ですが、Cドライブにインストールされているアプリを起 動できませんし、アプリをインストールこともできません。そのためにプラ グインで機能を拡張することが必要なのです。

 CDを作成したパソコンで、作成したCD−Rをセットして起動してみま した。初めて見るブルーのデスクトップは新鮮です。エクスプローラで見る と、CD−ROMドライブの他に「RAMDisk(B)」があります。Bドライブが 仮想起動ドライブとなっているのです。

 この「Windows XP」で作成したCD−Rを「Windows 2000」パソコンにセ ットしても「Windows XP」の場合とまったく同じように起動します。ライセ ンス認証も不要ですので、作成したCD−Rは他のパソコンでも使えるとい うことです。

 しかし、このCDを作成した「Windows 2000」または「Windows XP」を正 規にインストールしたパソコンのみで使用可能で、このCDを他のパソコン で使ったり、譲渡や販売をするのはライセンス違反になるそうです。

 起動しているOSはCD−ROMドライブにセットしたCDの中ですから、 常時このCDにアクセスしています。CDを取り出して他のCDをセットし て使うことはできません。

 このCDの作成方法は明日のマガジンでお知らせする予定です。