66歳パソコン教師の日記 NO.1418 (2004.05.05)


 昨日はコロンビアから来日中のヘミングメイトの「851 珈琲屋さん」ご夫 妻を囲んで、銀座で昼食会が開催されました。「珈琲屋さん」ご夫妻は20 年近く南米コロンビアで牧師をされていらっしゃる方です。参加者は、他に 420 佳世さん、449 めんめさん、639 wako さん、780 さわださん、1999 ヘ ミングの7名です。

 11時に有楽町駅前の交通会館に集合、会場の銀座西3-1 銀座インズ1 B1 「遊食菜彩いちにいさん」へ行きました。鹿児島黒豚のしゃぶしゃぶのお店 で、以前にも昼食会に利用して評判が良かったところです。

 「珈琲屋さん」ご夫妻は、お二人ともとても気さくな方で、牧師さんとい うお仕事から想像していたタイプとは大違いでした。全員がコロンビアのコ ーヒーをお土産に頂きました。私は他にコロンビアのお酒も頂きました。

 私たちはビールやお酒を飲みましたが、牧師さんがお酒を飲むことは禁止 だそうで、乾杯もジュースでした。酒飲みの私にはとてもお気の毒でした。 昼食会が終わっても別れ難く、喫茶店に場所を移して語り合いました。

 明日は成田からコロンビアへ戻られるそうですが、地球の反対側ですから ご自宅までは48時間もかかるそうです。簡単に行き来できる距離ではあり ません。再会を約束する固い握手をしてお別れしました。


【アウトルックエクスプレスのバックアップ】

 バックアップが必要なのは次の四つです。

  1. メールデータ
  2. アドレス帳
  3. メールアカウント
  4. メッセージルール

  1. 任意の場所に「BACKUP」フォルダを作成します。

●1.メールデータのバックアップ

  1. 「ツール」→「オプション」とクリック、→「メンテナンス」タブを開き、 →「保存フォルダ」ボタンをクリック、→「保存場所」をメモします。

  2. 「エクスプローラ」を起動、→メモした「保存場所」を開き、→ 「Outlook Express」フォルダを 「A.」で作成した「BACKUP」フォルダ内 にコピーします。

●2.アドレス帳のバックアップ

  1. 「ファイル」→「エクスポート」→「アドレス帳」とクリック、→「テキ ストファイル (CSV)」を選択、→「エクスポート」ボタンをクリックしま す。


  2. 「参照」ボタンをクリック、→「A.」で作成した「BACKUP」フォルダを選 択、→「ファイル名」欄に「2004_5_5」のように任意の名前を入力、→ 「保存」ボタンをクリック、→前の画面に戻り、→「次へ」ボタンをクリ ックします。

  3. エクスポートするフィールドにチェックを付け、不要なフィールドのチェ ックを外し、→「完了」ボタンをクリック、→「OK」→「閉じる」とボ タンをクリックします。 →(「2004_5_5.CSV」のように、拡張子「CSV」 が付いて保存されます。)

●3.メールアカウントのバックアップ

  1. 「ツール」→「アカウント」とクリック、→「メール」タブを開き、→ア カウントを選択、→「エクスポート」ボタンをクリック、→「A.」で作成 した「BACKUP」フォルダを選択、→「保存」ボタンをクリックします。→ (「xxxxx.iaf」のように、アカウントに拡張子「iaf」が付いて保存され ます。)

  2.  複数のアカウントがある場合は、一つずつ同じようにして保存します。

●4.メッセージルールのバックアップ

  1. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」とクリック、→「名前」欄 に「regedit」と入力、→「OK」ボタンをクリックします。 →(「レジ ストリエディタ」が起動します。)

  2. 左欄で「HKEY_CUrrent_USER」→「Identities」→「{セキュリティID}」 →「Software」→「Microsoft」→「Outlook Express」→「5.0」→ 「Rules」→「Mail」とキーを開いていきます。

  3. 「Mail」キーを選択した状態で、メニューバーの「ファイル」→「エクス ポート」とクリック、→「A.」で作成した「BACKUP」フォルダを選択、→ 「ファイル名」欄に「rule」のように任意の名前を入力、→「保存」ボタ ンをクリックします。→(「rules.reg」のように、拡張子「reg」が付い て保存されます。)

○1.メールデータの復元

バックアップした「Outlook Express」フォルダを、 メールデータの保存 場所の「Outlook Express」フォルダに上書き保存します。

○2.アドレス帳の復元

  1. 「アドレス帳」を開き、→「ファイル」→「インポート」→「ほかのアド レス帳」とクリック、→「テキストファイル (CSV)」を選択、→「インポ ート」ボタンをクリックします。

  2. 「参照」ボタンをクリック、→バックアップした「2004_5_5.CSV」ファイ ルを選択、→「開く」→「次へ」→「完了」とクリックします。→

  3. 「上書きの確認」画面が表示されたら、→「すべて上書き」ボタンをク リックします。

○3.メールアカウントの復元

  1. 「ツール」→「アカウント」とクリック、→「メール」タブを開き、→ 「インポート」ボタンをクリック、 →バックアップした「xxxxx.iaf」フ ァイルを選択、→「開く」ボタンをクリックします。

○4.メッセージルールの復元

  1. バックアップした「rules.reg」ファイルを右クリック、 →「編集」をク リックします。→(「メモ帳」が開きます。)→「{セキュリティID}」 のパスをドラッグして選択、→その上で右クリック、→「コピー」をクリ ックします。

  2. ※セキュリティIDのサンプル
     |← セキュリティIDのパス→|
     HKEY_CURRENT_USER\Identities\{0D409D51-14C6-432A-B677-D6544C7ADFF4}
                    |←        セキュリティID        →|
  3. 「編集」→「置換」とクリック、→「検索する文字列」の入力欄を右クリ ック、→「貼り付け」をクリックします。→(「4.」でコピーしたキーの パスが貼り付けられます。)

  4. 「レジストリエディタ」を起動、→左欄で「HKEY_CUrrent_USER」→ 「Identities」→「{セキュリティID}」とキーを開いていきます。

  5. 「{セキュリティID}」を選択した状態で、その上で右クリック、→「キ ー名のコピー」をクリック、→「レジストリエディタ」を閉じます。

  6. 「置換後の文字列」の入力欄を右クリック、→「貼り付け」をクリックし ます。→(「7.」でコピーしたキーのパスが貼り付けられます。)→「す べて置換え」ボタンをクリック、→「ファイル」→「上書き保存」とクリ ック、→「メモ帳」を閉じます。

  7. 「rules.reg」ファイルを右クリック、→「結合」をクリックします。