66歳パソコン教師の日記 NO.1425(2003.05.15)


 昨日の夕方、ヘミングメイトの「かんさん」が、岩手の「ayumさん」から 届いた「ほや」をお裾分けで持って来てくださいました。早速、晩酌の肴に ご馳走になりました。新鮮な「ほや」はとても旨く、ついつい酒の量がいつ もより増えてしまいました。「かんさん」「ayumさん」、ご馳走様でした。

 私は以前から「ヘミングメイトパソコン自作講習会」を開きたいと思って いましたが、「かんさん」が会場の提供を快諾されたので、6〜7月頃に開 催することになりました。場所は神奈川県相模原市、小田急線「新宿駅」か ら34分「町田駅」から徒歩圏です。

 組み立て、OSとドライバのインストール、動作検証をして、4〜5時間 後には完成したパソコンを持ち帰ることができますし、その場から宅配便で 発送することもできます。

 パーツは、事前にご希望をお聞きして、こちらで買い揃えておきますが、 持参されてもOK、自作しない方もOKです。受講料は無料です。日時が決 まり次第、詳細をお知らせいたします。まだヘミングメイトに入会されてい ない方は、この機会にぜひご入会ください。

 遠方から参加される方には、すぐ傍にホテルがあります。講習会終了後に 「ヘミングメイトオフ会」を開催するのもいいですね。


【Windows 2000 のシステム修復ディスク】

◎作成方法

 「Windows 2000」を使用しているのなら、起動しなくなった場合に備えて 「システム修復ディスク」を作成しておくことをお奨めします。

  1. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」とクリック、→「名前」欄 に「ntbackup」と入力、→「OK」ボタンをクリックします。→(「バッ クアップ」が起動します。)

  2. 「ウィザード」タブの「システム修復ディスク」ボタンをクリックします。 →(「システム修復ディスク」ダイアログが表示されます。)

  3. 空のフォーマット済みのフロッピーディスクをセットします。

  4. 「修復ディレクトリのレジストリのバックアップも作成する」にチェック を付け、→「OK」ボタンをクリックします。

  5. 書き込みが終了したら、→「OK」ボタンをクリックします。

◎修復方法

  1. パソコンの電源を入れ、素早く「Windows 2000」のCD−ROMをセット します。→(「Windows 2000 セットアップ」画面が表示されます。)

  2. 画面の表示に従い「R」→「F」キーを押します。

  3. 「システム修復ディスク」フロッピーディスクをセット、 →「Enter」→ 「Enter」とキーを押します。→(修復処理が実行されます。)