66歳パソコン教師の日記 NO.1434 (2004.05.25)


 文書作成には「ワード」か「一太郎」を使っている人が多いでしょうね。 私もパソコンを始めた時から「ワード」を使っています。しかし、過保護な くらいに色々な機能が増えてきて、それが却って使い難いし、とても重いで すね。

 私は文書作成には「ウインドウズ」に付属の「ワードパッド」を多用して います。そこそこの機能は備わっていますし、とても軽いので起動も速いの です。同じ文書を作成して保存すると、「ワードパッド」は「ワード」の約 半分のサイズです。

 「ワード」と同じように、部分的にフォントの指定ができますし、確定し た漢字の再変換や画像ファイルやサウンドファイルを埋め込むことも可能で す。

 「ワードパッド」で作成した文書は拡張子「.rtf」が付きます。このファ イルを右クリック、→「プログラムから開く」→「Microsoft Offoce Word」 とクリックすれば「ワード」で開くこともできます。

 「ファイル」→「名前を付けて保存」とクリック、→「ファイルの種類」 欄で「Word 文書(*.doc)」を選択して保存すれば「ワード文書」で保存でき ますから、とりあえず「.rtf」形式で保存しておき、必要に応じて「.doc」 形式で保存します。

 「ワードパッド」を起動するには「スタート」→「すべてのプログラム」 →「アクセサリ」→「ワードパッド」とクリックします。これでは面倒です から、タスクバーに作成したツールバーにショートカットを入れています。