66歳パソコン教師の日記 NO.1442(2003.06.03)


 半年前に、パルスマンを15台注文されたインターネットカフェから、新 しい店を始めるということで、今度は20台の注文が入りました。早速、輸 入元の会社へ行ってきましたが、数日前にそのインターネットカフェから同 じ注文が入っていたそうです。

 輸入元から直接買えば安く買えると思ったのでしょうが、輸入元では私の 客だと分かったので、私から買うようにと言って断ったそうです。私に卸す 価格よりも高く売れたでしょうが、商道徳を守った輸入元の会社に対する信 頼が一層増しました。

 目先の利益を考えると長い間には結局損になるのですが、人との付き合い も同じです。景気の良い時は多数の取り巻きがいますが、没落すると潮が引 いたように離れていき、人間としての真価が判明します。

 腹が立ったら怒ればよい、卑劣な相手には徹底的に争う気力が必要。しか し、相手を許す心も必要、反省する心も必要。些細なことでくよくよしない、 嫌なことはさっぱり忘れる、これらが心にわだかまりを持たないためには必 要でしょう。

 仕事でも私生活でも確固たる信念を持ち、環境の変化に惑わされずに自分 の信念を貫くことが、自分にとって後悔しない人生になるのだと思って実行 しています。


【デルコンピュータがプリンターに参入】

 パソコンの世界最大手の「デルコンピュータ」が、インクジェットとレー ザープリンターの発売に乗り出したそうです。他メーカーの約30%も安い そうですから、ユーザーにとっては、プリンター全体の価格下落に繋がるも のとして嬉しいですね。

 プリンターの価格は他の周辺機器と比べて安かったのですが、問題は評判 の悪いインクの価格です。インクの価格を高くして、プリンターの価格競争 の穴埋めをしているのです。「デルコンピュータ」が純正インクをどんな価 格を設定するのか、プリンターの価格以上に関心持っています。


【ハードディスクのコストパフォーマンス】

 私がメインマシンを作った1年半前は、80GBもあれば充分だと思って いましたが、いずれは「RAID」で「ミラーリング」を組もうと思って、 2台の同じ80GBハードディスクにしたのです。

 未だに「ミラーリング」にはしていませんので、2台で160GBを保存 できますが、最近はビデオファイルを保存することが多いので空きはほとん どなくなりました。近い内に160GBに交換しようと思っています。

 どうせ交換するなら250GBにしようと思って価格を調べたところ、9 0GB少ない160GBの約2倍もするのです。容量当たりの価格は160 GBが一番割安なのです。ハードディスクの増設を考えているなら160G Bが良いですよ。

  【ディスプレイのリフレッシュレート】

 ディスプレイの画面はちらついていませんか? 見難いと目にも良くあり ません。「リフレッシュレート」を調整しましょう。

  1. デスクトップの何もない個所を右クリック、→「プロパティ」をクリック します。→(「画面のプロパティ」が表示されます。)

  2. 「設定」タブを開き、→「詳細設定」ボタンをクリックします。

  3. 「モニタ」タブを開き、→「このモニタでは表示できないモードを隠す」 にチェックを付け、→「画面のリフレッシュレート」のドロップダウンリ ストから、現在のリフレッシュレートより高い数値を選択、→「OK」→ 「OK」とボタンをクリックします。