66歳パソコン教師の日記 NO.1447(2003.06.10)


 昨日までの四日間、うまい具合に毎日1台ずつヘミングパソコンのご注文 が入り、すべて翌日には発送できました。先ほど、4台目の発送を終えてホ ッとしています。この四日間に2回もマガジンを休刊したのはこのためでし た。

 パソコンを作るのは難しいだろうと思っている人が多いでしょうが、パー ツを組み立てるだけなら簡単です。要する時間は1時間ほど、シンプルなパ ソコンなら30分ほどで組み立てることができます。

 パソコンの自作をしたことのある人の中には「プラモデルを作るよりも簡 単だよ」と言う人もいますが、パソコンを作るということは、パーツを組み 立てることだけではないのです。

 目的に合わせてパーツを選定して、→何軒ものパーツショップを回ってパ ーツ買い集め、→パーツを組み立て、→OS・ドライバ・アプリをインスト ール、→動作確認をすることなのです。その中で、パーツを組み立てること は一番簡単で短時間でできることなのです。

 年に数台のパソコンを自作している程度なら、パーツの選定は無理でしょ う。メーカー製のパソコンは三ヶ月周期で新型が発売されます。新しいパー ツが次々と出てくるからです。

 パーツの選定は、自作の専門誌を読むだけでは万全ではありません。経験 がものをいうのですから、パーツショップの信頼できる店員に相談するのが 良いでしょう。

 ただし、私の経験では若い店員の中には、解らないことでも見栄を張って 適当なことを言う者が多いのです。私は66歳ですから、パソコンのど素人 だと思うのでしょう。

 私が一番力を入れているのは動作検証です。すべてのインストールが終わ ってから5時間ほどかけて行います。不具合があるとOSのクリーンインス トールからやり直しです。

 実は、今日発送したパソコンに不具合が見付かりました。SALTYのト ップページの「WELCOME TO SALTY」の文字を透過して、背景に南の島がスク ロールするJAVAアプレットが表示されないのです。

 以前の「Windows XP」では 「Microsoft Virtual Machine」をインストー ルしなければならなかったのですが 「SP1」から表示されるようになりまし た。 ところが表示されないので「Microsoft Virtual Machine」をインスト ールしようとしましたが、エラーになってしまいます。

 「インストールされました」と表示されても、自動的に再起動されない場 合は 「Microsoft Virtual Machine」のインストールが失敗したことなので す。

 OSのクリーンインストールから2回もやり直したのですが同じです。3 回目には違う「Windows XP」CD−ROMからクリーンインストールをした ところ正しく表示されました。パソコンとは不思議なものというよりも、O Sが未完成という印象を受けました。

 先月、このマガジンでお知らせした「パソコン自作講習会」は、会場を提 供してくださる「かんさん」からの連絡待ちで、まだ日時が決まっていませ ん。決まり次第、このマガジンでお知らせいたします。


  【文字列の書式の確認と変更】

 「Microsoft Word」では文字列に対していろいろな書式を設定できます。 設定済の文字列の書式を確認したり変更したい場合には、「Shift」+「F1」 キーを押して「書式の詳細設定」を表示して確認できます。(Word 2003)

 「Word 2002」の場合は 「Shift」+「F1」キーを押すとマウスポインタに 「?」が付きます。任意の個所をクリックすると「書式の詳細設定」が表示 されます。

 「フォント」「言語」「配置」「インデント」「改ページと改行」などの 項目の他に、表がある場合は「幅の指定」「既定のセル余白」なども表示さ れます。各項目のリンクをクリックすると書式を変更できます。


【文書に設定されている文字の書式を一括削除】

 ワード文書を開き、→「Ctrl」+「A」キーを押して全てを選択、→「Ctrl」 +「スペース」キーを押します。