66歳パソコン教師の日記 NO.1448(2003.06.11)


【ワード文書内の離れた個所を上下に表示する】

 文書内の離れた個所を参照したいことがありますが、上下にスクロールさ せて行ったり来たりするのは面倒ですね。画面を上下に二分割表示すればO Kですよ。

 スクロールバーの上部に▲ボタンがあります。その上に横長の小さな四角 のボタンがあります。そこへマウスポインタを合わせると上下二方向矢印に 変わります。→マウスボタンを押して下方へドラッグします。→(マウスボ タンを離した位置で二分割されます。

 上下それぞれの画面のスクロールバーで表示させたい個所へ移動します。 元に戻すには、上下の画面の仕切り線(ドラッグした横長の小さな四角のボ タンが変形したもの)を最上部までドラッグします。


【切換器】

 パソコンで一番場所をとるのがブラウン管ディスプレイです。私は、部屋 が狭いために、たまにしか使わない2台のパソコンを切換器を使って1台の ディスプレイに接続しています。

 この切換器は、作成したホームページの表示を確認するために、1台のパ ソコンと解像度が異なる2台のディスプレイを接続するために使っていたも のです。機械式ですから操作が確実で、しかも安価(約\3,000)です。

 新しいパソコンを買いたいけれど、2台も置くスペースがないし、これま で使っていたパソコンを処分するのはもったいないと考えているのなら、切 換器の使用をお勧めします。

 2台のパソコンで1組のディスプレイ・キーボード・マウスを使う切換器 (約\6,000)なら、さらに省スペースになりますし、1台のキーボードです から、キーを押し間違うこともありません。

 それに、新しく買うのは、パソコン本体と切換器だけで済みますから、予 算が少なくても買えますし、浮いた分をマシンの性能アップに回すこともで きます。

 電子式の切換器(約\7,000〜 \20,000)には、スピーカー・マイクや、プ リンターなどのUSB機器を共有できるものもあります。