66歳パソコン教師の日記 NO.1477 (2004.07.18)


 「ニフティ会員のアドレスには、アットマークの左に大文字アルファベッ トが使われていますが、誰でも大文字の入ったアドレスを使えるのでしょう か?」というご質問を頂きました。

 普通、メールアドレスには小文字が使われていますが、大文字・小文字の 区別はないのです。ですから、大文字・小文字のどちらで入力してもOKで す。例えば「heming@salty1.com」でも「HEMING@SALTY1.COM」でも良いので す。「HEMING@salty1.com」のように一部だけ大文字でもOKです。

 「ニフティ会員」に通知されるアドレスのアットマークの左は大文字のア ルファベットと数字が使われているのは、小文字のアルファベットでは読み 間違い易いからです。

 この質問者のように、ちょっとしたことにでも疑問を持ち、質問する積極 性はとても良いことです。より積極性がある人は、質問をする前に自分で疑 問を解く努力をしてみてください。  アドレスを大文字で入力して自分宛に送信してみれば、アドレスには大文 字・小文字の区別はないということが直ぐに解るでしょう。さらに、ホーム ページのURLはどうなのだろうと疑問を持ち、直ぐに試してみるようなら、 あなたは素晴らしい人ですね。

 マガジンを読み流すだけでなく、書いてあることに興味を感じたら実行し てみる積極性が必要です。さらに、こうしたらどうなるのだろうと思ったら やってみることです。「一を聞いて十を知る」という諺がありますが、一を 読んで一以上を知ってくれることが私の望みです。

 このマガジンの創刊時は初心者を対象にしていましたが、二年前から初心 者と中級者を対象にしています。当時は初心者だった人も四年半が経ちまし た。三年以上購読を続けている人は全体の半数以上です。もはや初心者では ありません。

 読者の皆さんのスキルアップに伴い、マガジンの内容も変化していかなけ ればなりません。初心者を対象にしたものと中級者を対照にしたものを織り 交ぜて書いています。

 マガジンを読んでも理解できない場合は読み流してください。一年、二年 後に読み直してみるとすんなりと理解出来るでしょう。ただし、年数だけが 経っても、努力をしなければ進歩がありません。

 無理をして努力をする必要はありません。パソコンで何をしたいのか、興 味があることに目標をはっきりと決めます。あとは積極性さえあれば自然に 努力している結果になりますよ。

 私がパソコンを始めて最初に興味を持ったのはタグ入力によるホームペー ジ作成でした。パソコンでどんなことが出来るのかも知らずにパソコンを始 めた私にとって、メモ帳に入力したタグでホームページを作ることが出来る ということは驚きでした。

 その面白さに寝食を忘れて没頭しました。気が付いてみると、三昼夜もパ ソコンに向かいっ放しということも度々でした。苦労はゼロ、楽しさばかり でした。

 その後も、Style Sheet、Java Script、Java Applet、CGI、パソコン製作 と目標を決めてやってきました。今後も次々と目標を決め、パソコンに興味 を失うことはないでしょう。

 誰しも若い時は何事にも興味を持っていますが、歳をとるに従って感動す る心を忘れ、消極的になりがちです。歳をとるに従って体力が衰えるのは仕 方ないことですが、気持ちまで老いる必要はありません。

 パソコンは何でも可能にする宝の箱です。パソコンをやる目的を持つこと で気持ちまで若返らせてくれますよ。