65歳パソコン教師の日記 NO.1487(2004.07.31)


 昨日と今日の神奈川は台風10号の影響で、突然強い雨が降ったり、日が 照ったりと不安定な天候です。その都度、窓を開けたり閉めたり、忙しいこ とです。台風は西寄りに進むため、四国を直撃するそうですが、被害がない ことを祈っています。

 このマガジンのHTMLバックナンバーの目次作成を一年余り続けてくだ さった「No.1041 パラリンさん」がお仕事の都合で出来なくなり、その仕事 を「No.1171 さくぼさん」が引き受け、一ヶ月以上前から作成に取り組んで くださっています。

 目次作成は適切な項目に分類することが大切です。人によって分類の方法 が違いますから、途中から担当者が変わると混乱してしまいます。そのため、 さくぼさんにはゼロから作り直してくださるようお願いしました。これは大 変な作業ですから3〜4ヶ月はかかるでしょう。ご期待ください。

 さくぼさんには、時間がかかっても結構ですから、納得できるものを作っ てくださいとお願いしています。完成するまではテキスト版バックナンバー をご利用頂くことにして、HTMLバックナンバーは、No.1430 でストップ したままになっていました。

 テキスト版バックナンバーの利用は、保存したフォルダを右クリック、→ 「検索」をクリック、→「ファイルに含まれる単語または句」欄に調べたい 単語または句を入力、→「検索」ボタンをクリックします。

 本日 「No.182inujimaさん」から、No.1431〜1480 までの50回分のHT MLバックナンバーが届きました。 「inujimaさん」はITの講師として地 元京都でボランティア活動をされていますが、その合間に、パラリンさんの 続きを作成してくださったのです。ヘミングメイトには素晴らしい人が多数 いらっしゃいますね。そのご好意に感謝し、早速アップしましたのでご利用 ください。


【バイオスについて】

 今日は、初心者にとって取っ付き難い「バイオス」について書きましょう。 「バイオス」は「Basic Input/Output System」の略で、 直訳すれば「基本 的な入出力を担当するシステム」で、パソコンに接続されている様々な周辺 装置を制御するプログラムです。このプログラムはマザーボード上に装着さ れたROMに記録されています。

 パソコンの電源が入ると、最初にこのプログラムが実行され、メモリーそ の他の各種周辺装置の診断と初期化を行い、OSに制御を渡します。OSが 起動しても、基本的な入出力の部分を担当し、OSと周辺装置との橋渡し役 を務めているのはバイオスです。

 バイオスはメーカーやバージョンによって異なり、メーカー製パソコンの 場合は独自に変更しているケースもありますから、バイオスを起動する方法 も「F1」「F2」「Delete」キーを押すなど、機種によって異なります。どの キーを押せば良いのかは、POST画面の下方に表示されます。

 POST画面とは、パソコンの電源を入れると黒い画面に白い文字でメモ リーテストなどの状況が表示される画面です。メーカー製パソコンの場合は、 POST画面を表示せずに、メーカーのロゴが表示されるケースが多いよう です。「Esc」キーを押すとPOST画面に切り替わります。

 メーカーのロゴを表示しても何の役にも立ちませんから、バイオスを起動 したら、POST画面を表示するように変更しておきましょう。Windows XP の場合は、ファーストブートドライブを「CD-ROM」に変更しておくことも必 要です。変更方法は、バイオスの説明書に記載されています。

 バイオスを弄るのは怖いという人もいますが、いつでも工場出荷状態に戻 すことが出来ます。バイオスを起動して、指定されたキーを押す方法の他に、 電源を切って、マザーボード上のボタン電池を取り外し、10秒ほど経って から電池を戻す方法、マザーボード上のジャンパピンを移動して、10秒ほ ど経ってから元の位置に戻す方法などがあります。

 バイオスではマウスを使用出来ませんから、操作はすべてキーボードで行 います。バイオス画面の下方に、キーの役目が表示されています。バイオス で使用するキーは「Enter」「Esc」「F6などのファンクションキー」「↓な どのカーソルキー」「+」「-」キーなどです。

 最近のバイオスは日本語表示に変更することも出来ます。バイオスを終了 する際に、設定変更を有効(上書き)にしたり、無効にすることが出来ます。 バイオスを起動したことのない人も、一度起動してみると勉強になりますか ら、怖がらずにやってみてください。