66歳パソコン教師の日記 NO.1517 (2004.09.06)


 今日は町田市のパーツショップ「ドスパラ」へ行ってきました。店頭に格 安メディアが並んでいますが、 その中でも特に格安な「DVD-R」がありまし た。台湾製、8倍速、20枚入り1箱が「\1200」ですから1枚「\60」です。

 「CD-R」と比べても安いので、1箱買ってきて数枚に書き込んでみました が全く問題ありませんでした。国産の1枚売り価格は「\400〜\500」ですか ら、7〜8分の1です。

 日本のメーカー製パソコンも、パーツのほとんどは台湾や韓国などの外国 製です。パソコンのシェアー世界一の米国「DELL」のパソコンも、これらの パーツを使い、マレーシアなどの人件費の安い国で組み立てています。

 CPUやチップセットは米国、マザーボードは台湾、ケースは中国が主な 生産国です。安くて良いものなら、国産に拘らずに利用するべきですね。パ ーツの説明書は、英語・仏語・独語・中国語などの数ヶ国語で書かれていま すが、日本語が載っていないものがかなりあります。ちょっと淋しいですね。


【エラーログを記録しない】

 「Windows XP」では、エラーが起きた場合にログとして記録されますが、 このログを利用することはほとんどないといって良いでしょう。それなら、 この機能を無効にしておく方が良いですね。エラーが起きる度に表示され る「エラー報告」も表示しないようにしておきます。

  1. 「スタート」ボタンをクリック、→「マイコンピュータ」を右クリック、 →「プロパティ」をクリックします。→(「システムのプロパティ」が起 動します。)

  2. 「詳細設定」タブを開き、→「起動と回復」欄の「設定」ボタンをクリッ クします。

  3. 「システムエラー」欄の「システムログにイベントを書き込む」「管理者 へ警告を送信する」「自動的に再起動する」のチェックを外し、→「デバ ッグ情報の書き込み」欄を「なし」にして、→「OK」ボタンをクリック します。

  4. 「詳細設定」タブに戻り、→「エラー報告」ボタンをクリック、→「エラ ー報告を無効にする」にチェックを付け、→「重大なエラーが発生した場 合は通知する」のチェックを外し、→「OK」→「OK」とボタンをクリ ックします。